« 11回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その4) »

2017年2月 7日 (火)

11回エコ甲全国大会(その3)

 昨日の「スッキリ!」で、開成中学に合格した人の勉強法をやるというので、なにかネタにならないかと思って録画しておいたら、将来の夢で「東大に入って日本テレビのアナウンサーとして桝太一になる」。あー、はいはい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。今回は中国のチームも参加しているといいます。21回高校生クイズのアメリカ代表みたいなものです。中国在住で日本語ができる人を対象に募集して、書類審査で決まったそうです。やっていることが高クイを超えてきました。

 1組目の対戦は、愛知代表の滝、青森代表の弘前、秋田代表の秋田、石川代表の金大附属です。組分けは毎回、原則として都道府県の五十音順です(一部入れ替えているところがある)。出場者は胸に張るゼッケンを使っています。各地区の銀行員は学校名のプラカードを持ったまま横に立ちます。
 1問目の正解は大発会ですが、金大附属が「だいはつかい」と言って、「もう一度」で今度は「だいほっかい」と言って、なぜか正解になります。情報漏洩しました。この後、そこまで知ってる。

|

« 11回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その4) »

コメント

高校生クイズでアメリカ代表が全国大会に出たのは第22回大会です。第21回は東軍福留アナ、西軍福澤アナの東西対決でしたね。

投稿: okada173 | 2017年2月 7日 (火) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64863297

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲全国大会(その3):

« 11回エコ甲全国大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その4) »