« 11回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その7) »

2017年2月10日 (金)

11回エコ甲全国大会(その6)

 「水曜日のダウンタウン」で、テレビに出るためにおバカタレントを装っているか調べるというのがありましたが、あそこで出ている問題はそんなに簡単とは思いませんでした。要するに、少し注意深く生きていないと、知らなくても社会生活を送れてしまうということです。27時間テレビで京大卒の局アナが「青函トンネル」を読めなかったのとは意味が違います。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4組目は徳島代表の徳島市立、栃木代表の宇都宮、鳥取代表の青翔開智、富山代表の富山です。4問目は株取引に関する組織で青翔開智が正解。

 5組目は大分代表の安心院の女子、大阪代表の星光学院、岡山代表の倉敷天城、沖縄代表の昭和薬科大附属です。地区大会に銀行が協賛していない安心院は、学校名の札を金融知力普及協会のゆるキャラが持っています。5問目は消費者が銀行を使うときの用語で、倉敷天城が正解です。今日は情報漏洩せず。この後、レベル設定。

|

« 11回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64874342

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲全国大会(その6):

« 11回エコ甲全国大会(その5) | トップページ | 11回エコ甲全国大会(その7) »