« 11回エコ甲新潟大会(その20) | トップページ | 11回エコ甲新潟大会(その22) »

2017年1月30日 (月)

11回エコ甲新潟大会(その21)

 東京メトロ東西線の九段下駅の発車メロディーは「大きな玉ねぎの下で」ですが、中野方面行きの音が、サビの前に、「クイズ100人に聞きました」の「あるあるある」のときの音をさらに怖くしたようなメロディーがくっついているのです。なんだあの曲は。逆にホームで発車直前にあれを流されたら、ここで乗り遅れたら失格と思って反射的に駆け込み乗車しそうです。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。これ以降のプレゼンターは問題を読んだ人です。決勝進出賞として4~6位のチームに、ルーテシアという店の焼きドーナツが贈られます。私にはまったくわかりませんが、新潟ではかなり有名らしい。
 そしてこれからも次々と賞があるのですが、ここからはミスタードーナツです。そういう差のつけ方をするのか。まず、「もう一息賞」として7位のチームです。新潟です。順位賞として、たまたま10位になったチーム。新潟明訓の神の見える手です。さらに15位の新潟明訓の金庫破り。そして「当日賞」として、12月18日なので18位のチーム。村上中等教育です。この後、60年代。

|

« 11回エコ甲新潟大会(その20) | トップページ | 11回エコ甲新潟大会(その22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64829494

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲新潟大会(その21):

« 11回エコ甲新潟大会(その20) | トップページ | 11回エコ甲新潟大会(その22) »