« 11回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その18) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その2) »

2016年12月 2日 (金)

11回エコ甲大分大会(その1)

 テレビ情報誌を見ていたら、次の次の日曜日に「クイズ☆アナタの記憶」を「クイズ☆スター名鑑」という番組名でやるんですね。それなら「クイズ・正解は1年後」もこの枠でやってくれたら全国で見られるのに。

 さて、エコノミクス甲子園は毎年予選会場を着実に増やして、今回はついに和歌山以外の全都道府県での予選が実現しました。しかしその中には、震災以降銀行が撤退した岩手と、いまだに銀行のスポンサーがつかない大分・熊本があります(熊本は過去に地元NPOの主催で開催したことあり)。そこで金融知力普及協会は強硬手段に出ました。この3県で自分で予選を開催して実績をつくって、来年から銀行をスポンサーにつけようというわけです。果たしてどのような大会になるのか。11月26日に、その中の一つ、大分大会を見に行きました。

 会場は大分市内のiichiko総合文化センターです。ホールなどがいくつもある巨大な建物で、NHK大分放送局もここに入っています。NHKの局舎が単独の建物でないというのは初めて見ました。地下にはハローワーク大分もあります。その向かいの国際交流プラザ映像小ホールが会場です。今回は開始時刻が午後1時半と遅い。高クイの単県大会のようです。この後、角が立つ。

|

« 11回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その18) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64570507

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲大分大会(その1):

« 11回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その18) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その2) »