« 11回エコ甲大分大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その4) »

2016年12月 4日 (日)

11回エコ甲大分大会(その3)

 6年前に倉庫にしまっていたビデオデッキを取り出して、久々にハードディスクの中身を見ました。「Qさま!!」でやくみつるが漢字で50人と対戦する番組が入っていました。今のカズレーザーみたいな立場だが名前を思い出せなかった人が出ていました。シンデレラ畠山はどうしているのでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。13時25分から筆記が始まりますが、この地区は正面の画面に表示される残り時間の下に、今やっている問題がスクロールされるのです(選択肢は出ない)。これはエコ甲史上初です。こんなことができるならなぜ他の予選でやらない。
 この地区はチーム名の紙を立てるプレートがありません。なぜか早押しの席にはトランプのマークを表示しています。女子5チームと混成1チームが同じ制服を着ています。タイムアップのときに正解音が鳴ります。

 5分休憩した後で、解答が表示されます。いつもは昼食のときに出るものですが、この地区が13時台スタートなのは、昼食代を節約するためではないかと考えています。
 ところで、白い幕にプロジェクターで映すのですが、こういう講堂でよくある、上の30センチぐらい垂れている黒い布にかぶっているので全然読めません。しかしまったく直す気配がないのは、下げられない理由があるのか。この後、ドラえもん。

|

« 11回エコ甲大分大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その4) »

コメント

いつも、楽しく拝見しております。シンデレラ畠山は約3年前に相方が引退してからは、ピン芸人で主にライブ中心で頑張っている様です。ネタも、まさに知識を生かしたネタをしています。何でQさまに出なくなったのかはわかりませんが、芸人として頑張っているのは確かです。

投稿: KY | 2016年12月 4日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64578981

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲大分大会(その3):

« 11回エコ甲大分大会(その2) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その4) »