« 11回エコ甲大分大会(その9) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その11) »

2016年12月11日 (日)

11回エコ甲大分大会(その10)

 今朝の「週刊ニュース深読み」。宇宙活動法が成立してビジネスチャンスというパネルで、クイズマニアの徳永アナが、腕を上に曲げて前に出して振って「ビジネス、チャ~ンス」。ちなみに先々週は、日本の外国人旅行者の数で、「せーのドン、さらに倍」。そういえばQUIZJAPANは徳永アナには取材しないんですかね。面白ゼミナールもやってるんだし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。6位は大分商の3で44点。5位も44点でしたが、近似値問題で決まったそうです。ここで司会が、大分商の6を紹介します。実はこのチームは48点取っているのですが、大会規定により、1人欠席しているチームは決勝には進めないことになっています。1人のチームは早押しを体験させるところまでで終わりになっているのです。しかし過去には、金融知力普及協会の目の届かない予選で、銀行が1人のチームを地区代表にしてしまったこともあります。

 この会場は狭いので、決勝のテーブルが2列になっています。前列は2位と5位です。決勝は他地区と問題が違うことがわかりました。1問目、経済に関して非常に有名な場所です。しかし正解は5位だけ。他にはダウとかブルックリンとかニューヨークタイムズといった答えがあります。ここは当然、5位は5株購入します。いきなり札幌とはまったく違う展開になりました。この後、デジャブ。

|

« 11回エコ甲大分大会(その9) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64609220

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲大分大会(その10):

« 11回エコ甲大分大会(その9) | トップページ | 11回エコ甲大分大会(その11) »