« 11回エコ甲岐阜大会(その1) | トップページ | 11回エコ甲岐阜大会(その3) »

2016年12月28日 (水)

11回エコ甲岐阜大会(その2)

 今夜は「マツコの知らない世界」の新作を深夜に一部地域でやっていましたが、関西の視聴者はこういうのが一番困ります(TVerでは配信されるらしい)。それはそうと、エスカレーターマニアの人が「東大卒」とずっと画面の右上に出ていました。この人の話と東大とは何の関係もないだろ(東大に入るために東京に来てエスカレーターの多さに驚いてエスカレーターマニアになったそうだが)。まさに東大を記号として扱って内心バカにしている典型です。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。十六銀行の人の開会宣言です。昨年の優勝者も参加しているそうです。そして昨年に続いて、高校時代に全国大会に出て今は名古屋営業部にいる人があいさつします。昨年の優勝者と名字が似ていてややこしい。

 各チームの自己紹介の時間です。ここでアントニオ猪木の入場曲がかかるのは昨年と同じです。多治見西の女子、男子、女子、女子、市立岐阜商の女子、帝京大学可児、岐阜が7チーム、鶯谷が3チーム、各務野が2チーム、海津明誠が2チーム、大垣東の女子です。昨年優勝者は、予選に出た他のチームから1人引っ張ってきて、チーム名にも一部取り入れています。海津明誠は1チームが「海津明誠A」でもう1チームが「海津明誠高校B」と表記が違います。鶯谷は「烏谷」「鷺谷」と読みにくいチーム名をつけています。この後、キャラター。

|

« 11回エコ甲岐阜大会(その1) | トップページ | 11回エコ甲岐阜大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64684998

この記事へのトラックバック一覧です: 11回エコ甲岐阜大会(その2):

« 11回エコ甲岐阜大会(その1) | トップページ | 11回エコ甲岐阜大会(その3) »