« 19回全国大会(その25) | トップページ | 19回全国大会(その27) »

2016年11月 5日 (土)

19回全国大会(その26)

 番組表を見ていると、来週月曜日にQさま!!の学力女王をやる裏で、「好きか嫌いか言うTV」では東大生と京大生を集めた企画をやるようです。昔からテレビで東大のことは取り上げていましたが、ここまで東大というだけでもてはやされるようなことはなかったと思います。ちょっと東大に関するテレビ企画が多すぎる気がします。世の中が不安定になって、確実に頼れるものが学歴ぐらいしかないという意識が強まったからではないかと考えています。

 それでは19回全国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 さて、私は、今回の決勝は編集で小細工しなくても十分見られると書きました。しかしやはり編集で小細工がなされていました。正解と不正解の問題を同数ずつカットするのは当然ですが、カットしたのが同数ではありませんでした。山口高校は18ポイントにはなりましたが19ポイントにはなっていません。本当の最終得点は20対18です。最後の方で山口高校がリードした場面もありません。あと、誰もが知りたいと思っているであろう、最終問題についてですが、収録のときにも、優勝が決まってから福澤アナがわざわざ最後まで問題を読んで、「正解はフライトレコーダーです。ブラックボックスでもOKです」と言っていました。つまり問題制作スタッフは、最初からブラックボックス=フライトレコーダーという調査結果で臨んでいたのです。

――――(ここまで)――――

 近年の決勝で、9ポイントで押して間違えて逆転されたとかいうのがありましたが、あれが本当に9ポイントで間違えたのかはわかりません。過去に私が見た決勝では、最終的にマイナス6ポイントで終わったチームが間違えていなかったことになっていました。

 そしてこの回はウイニングアンサーに大きな疑問が起きました。飛行機事故に備えて記録のために積んであるのはボイスレコーダーと何という問題で、正解は当然フライトレコーダーですが、「ブラックボックス」と答えて正解になって優勝が決定しました。ブラックボックスにはボイスレコーダーも含まれるのではないのか。しかしこれは編集でごまかしたのではなく、実際に収録時に、ブラックボックスでも正解にすることになっていたのです。これは出題ミスなのか。しかし高クイ全国大会決勝では過去に「状態変化」というもっと明確な出題ミスがあります。

|

« 19回全国大会(その25) | トップページ | 19回全国大会(その27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64445344

この記事へのトラックバック一覧です: 19回全国大会(その26):

« 19回全国大会(その25) | トップページ | 19回全国大会(その27) »