« 19回全国大会(その13) | トップページ | 19回全国大会(その15) »

2016年10月24日 (月)

19回全国大会(その14)

 改めて「たほいや」の問題集を見てみたところ、「ちゃつね」というのがありました。今やグルメや健康ブームなどで、チャツネは普通にネプリーグでも出題されるような単語になっていますが、当時は誰も知らなかったということがわかります。

 それでは19回全国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 そこで草むらでひたすら待ち続けました。東京の青い空が夜に変わっていく過程は実にきれいでしたが、そんなものを楽しんでいる余裕はありません。

 やはりクイズ開始は8時ごろでした。こんなことなら一度家に帰ればよかった。暗くなってクイズが始まれば、監視の目が向くことはないでしょう。しかし女性3人組に声をかけられたのでした。これが新居浜高専であったことが、あとで全国放送のビデオを見てわかりました(四国の決勝は一般人が正面から見ることができないので顔がわからなかった)。
 
――――(ここまで)――――

 19回四国の決勝のルールは、岸壁に座って釣り糸を垂らして、答えるときにリールを巻いて鯛を引き上げて、バケツの底に押しつけるというものです。

|

« 19回全国大会(その13) | トップページ | 19回全国大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64390978

この記事へのトラックバック一覧です: 19回全国大会(その14):

« 19回全国大会(その13) | トップページ | 19回全国大会(その15) »