« 19回全国大会(その3) | トップページ | 19回全国大会(その5) »

2016年10月14日 (金)

19回全国大会(その4)

 広島FMの「9ジラジ」で、今年も「エコノミクス甲子園への道」が始まっていたことを知りました。聞き逃したと思ったのですが、今週からラジコのタイムフリーが使えるではないか。昨年と同じで、エコ甲の過去問が出て正解者の中からカープのブランケットが当たるというものでした。

 それでは19回全国大会です。

――――(ここから当時の引用)――――

 私は、収録の現場にいるときはクイズマニアの立場で見ていますが、放送は一般視聴者になって見ます。だから、収録のときはいくら時間がかかっても何とも思いませんが、予選や全国放送の番組を見ているときは、「こんなクイズをダラダラ流していないでもっとカットしろ」とイライラします。だから、近畿大会の番組で、準決勝が、大阪と兵庫だけ全部流して、奈良は東大寺学園が答える場面をつなげただけで、他は放送しないという編集の仕方は実に正しいと思います。クイズ関係の掲示板などを読んでいると、あれでも「もっと問題を流せ」という意見が出ていますが、これは普通の視聴者の感覚とは違うでしょう。で、話が戻って、石原慎太郎のところは、誰がどう見てもつまらなく感じると思います。結局「高校生クイズに都知事が出る」ということを目玉にするために、すべてが振り回されてしまったわけです。第6回で「富士山頂で決勝をやる」というテーマのために、全体の企画がおろそかになってしまったのと同じです。
 
――――(ここまで)――――

 私は現場でダラダラと1時間ぐらい収録しているのを見ても飽きませんが、「これは放送では3分ぐらいになるな」などと判断します。テレビ画面を通して見ると時間の感じ方が全然違います。この回の全国放送は石原慎太郎にプレゼンをするという部分が確か1時間近くあったと思います。

|

« 19回全国大会(その3) | トップページ | 19回全国大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64344999

この記事へのトラックバック一覧です: 19回全国大会(その4):

« 19回全国大会(その3) | トップページ | 19回全国大会(その5) »