« 36回地区大会の番組(その3) | トップページ | 恒例の参戦記 »

2016年9月10日 (土)

関西ではこういう編成

 1年で最も当ブログのアクセスが増えるこの時刻ですが、事情によりこの文章は事前に書いて自動送信しているので、この時点で私は高校生クイズの番組を見ていません。

 先週これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 9月9日の16時台の読売テレビの番組が、2週間情報誌でも1週間情報誌でも電子番組表でもずっと「未定」のままです。もしかして、高校生クイズの番組を見てから放送するかどうか決めるのだろうか。去年は地区大会の番組を日本テレビと読売テレビだけ放送したら完全に関東大会だけだったし。

――――(ここまで)――――

 火曜日になってようやく、「嵐にしやがれ!!」の再放送になることが発表されましたが、今日になったら結局、「ザ!鉄腕!!DASH!!」が再放送されていました。そんなに番組に困るなら高校生クイズの地区大会をやればいいのに。そういえば「しゃべくり007」の高畑裕太の回が再放送される予定だった月曜日は、しゃべくり007の別の回になっていました。

 昨夜の「ビーバップ!ハイヒール」は久しぶりの「関西鉄道ミステリー」なので録画しておいたら、いきなりクイズ王が出てきました。高校生クイズをはじめクイズ番組の問題を年1~2万問作っているそうです。今回の企画は、さまざまなプロが、身体感覚でちょうど半分を見極められるかというもので、クイズ王は京大生10人に問題を出して、正解者が5人なら賞金をもらえます。事前に解答者の簡単なプロフィールが渡されます。クイズ王が選んだのは、学問ではない、「家族で楽しめるバラエティー」で出るような問題です。結果、正解は6人でしたが、クイズ王が「あの人は『ン』ではなく『ソ』と書いている」と難癖をつけていました。

|

« 36回地区大会の番組(その3) | トップページ | 恒例の参戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64179991

この記事へのトラックバック一覧です: 関西ではこういう編成:

« 36回地区大会の番組(その3) | トップページ | 恒例の参戦記 »