« 文化祭のクイズ(その5) | トップページ | 36回地区大会の番組(その8) »

2016年9月25日 (日)

36回近畿大会(その37)

 イグノーベル賞のニュース映像で気になったのは、壇上で○と×を描いていることでした。それで検索しても何もわかりません。そこで英語のページを検索してみたところ、どうやら研究とは関係なく余興として、学者らによる三目並べ大会が行われたようです。要するに決着がつかない無駄なことをやらせるということでしょうね。

 それでは近畿大会です。16時38分、これで東京からの中継が終わります。舞台に平松アナとぺこ&りゅうちぇるが戻ってきます。りゅうちぇるが「70問答えるのは、あっちから見てたらアリの集団みたいだった」。

 6府県の代表を舞台に上げます。滋賀の玉川という高校名は初めて聞きました。女子です。そしたら、京都の同志社女子、奈良の帝塚山、大阪の関西学院千里国際高等部、兵庫の神戸大附属中等教育、和歌山の日高と、6チームとも女子じゃないか。これは異常事態です。

 16時44分、重大な発表があるといいます。この後、禁止。

|

« 文化祭のクイズ(その5) | トップページ | 36回地区大会の番組(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64251865

この記事へのトラックバック一覧です: 36回近畿大会(その37):

« 文化祭のクイズ(その5) | トップページ | 36回地区大会の番組(その8) »