« 36回近畿大会(その37) | トップページ | 日持ちしないマクラ »

2016年9月26日 (月)

36回地区大会の番組(その8)

 以前こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 「学生俳句チャンピオン決定戦」はどうなったのかと思い出しました。NHK松山放送局がやる、俳句のウルトラクイズみたいな番組です。調べたら、6月にすでに放送されていることがわかりました。全国放送されるとすれば、今年は「スタジオパークからこんにちは」の14時台でしょう。
 
――――(ここまで)――――

 次の土曜日の深夜に全国放送されるようです。

 それでは地区大会の番組です。北海道、青森、愛知、鳥取、高知、沖縄だけ代表チームが映ります。さらに13校が21世紀枠で代表になったということを文字で出します。「このあとアメリカ決戦の見どころ」でCMです。

 CMが明けるとL字画面になって「1周回って知らない話」の宣伝が出ます。あの番組はパイロット版の1回目が一番おもしろかった。レギュラーになるとネタを維持するために本来の趣旨と違うことをやりそうで、初回予告の澤穂希の夫婦生活はというのは早くもずれていると思います。このままだと前番組の「トリックハンター」の轍を踏むことになります。この後、SS。

|

« 36回近畿大会(その37) | トップページ | 日持ちしないマクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64257022

この記事へのトラックバック一覧です: 36回地区大会の番組(その8):

« 36回近畿大会(その37) | トップページ | 日持ちしないマクラ »