« 方針わからぬ再放送(その6) | トップページ | 36回近畿大会(その23) »

2016年8月26日 (金)

記憶調査委員会

 昨夜の「怒り新党」の「記憶調査委員会」で、「人工衛星クイズ」を取り上げていましたね。あれだけちゃんとした動画が紹介されるとは。ほぼ番組内容がわかるようなものでした。
 あの番組はウルトラクイズのスタッフが作ったということを売りにしていて、番組は福留功男の映像で始まります。「ついに史上最大のクイズ番組が始まろうとしております」などと言ってカメラがスタジオに振られるのですが、以後、福留は一切出てきません。アンビリバボーのビートたけしみたいなものです。
 あと、ウィキペディアにも書いてありませんでしたが、「予選クイズ」というのがありました。1回の放送で宝探しが2回あって、それぞれの前に3組の参加チームが予選クイズをやります。視聴者参加時代のクイズ$ミリオネアと同じパターンです。問題はすべて画像による早押しで、3ポイント先取だったと思います。
 あと覚えているのは、2週目のヨーロッパの回の暗号文で、花を摘むとNACLの袋がといった文章があって、解答者が、花を摘みに行くというのはトイレに行くという意味の隠語だと気づきます。児玉清が「なんで知っていた」「女子校で習いました」「学校教育の成果」というやり取りがありました。「学校教育の成果」って、いかにも児玉が言いそうなセリフです。

 ところでその前のアポロのネタで、明治の商品カタログとおぼしきものが映ったとき、右下に「ウルトラクイズ」と書いてあったのに気づいたでしょうか。これはアメリカ横断ウルトラクイズとタイアップしたお菓子が出ていたのです。○と×の形のチョコクッキーで、箱に○×クイズが書いてあって、正解の開け口の方からしか食べられません。

|

« 方針わからぬ再放送(その6) | トップページ | 36回近畿大会(その23) »

コメント

 YouTubeに上がっている、ウルトラクイズのお菓子のCM動画です。
ttps://www.youtube.com/watch?v=TiK2Z-e6PYk

投稿: にっしー | 2016年8月26日 (金) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64109173

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶調査委員会:

« 方針わからぬ再放送(その6) | トップページ | 36回近畿大会(その23) »