« 出場者のその後 | トップページ | 36回近畿大会(その10) »

2016年8月 6日 (土)

36回近畿大会(その9)

 週刊ポストに「知らなきゃよかった残念な雑学」という特集があります。「ミになる図書館」みたいです。そういえばあの企画はTBSの方が先にやっていたのに、そちらではレギュラー化されませんでした。自由の女神について昨年研究者が発表したことも載っています。

 それでは近畿大会です。今回の地区大会に、途中での脱落はないと発表されます。これはもちろん史上初のことです。しかし私は、だんだん人数が減っていく方が参加者にはやりやすいと思います。ギリギリで勝ち抜けても次で成績はリセットされるのに対し、最後まで全員だと、ずっと勝つ確率が極めて低いまま、自分たちは逆転できないと思ってやっている人が大半です。

 各地の会場が映ります。北海道は席が埋まっています。東北がかなり多いように見えます。しかし単なる撮影の仕方かもしれません。中部も多い。北陸もそれなりにいます。次に近畿ですが、これは実際より少なく見えます。中国は会場が無駄に広い。四国で流れ星がやったネタを北九州の我が家がパクります。南九州の原口あきまさも「さんまさん」と振られて、さんまの声でパクります。沖縄は「新婚の小島よしおさん」と紹介します。この後、生じゃない。

|

« 出場者のその後 | トップページ | 36回近畿大会(その10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64017855

この記事へのトラックバック一覧です: 36回近畿大会(その9):

« 出場者のその後 | トップページ | 36回近畿大会(その10) »