« 36回近畿大会(その9) | トップページ | 36回近畿大会(その11) »

2016年8月 7日 (日)

36回近畿大会(その10)

 今夜の「めちゃ2イケてるッ!」で、岡村が病気になったときの新メンバーオーディションの映像が出ていました。1万人の応募があったそうですが、1次予選の番組に関する○×クイズで勝ち残りさえすれば面接ではめちゃイケメンバーが全員に会うといいます。田村淳がこの機会しかないと山本圭壱を出場させたのですが、番組に向き合っていなかった山本は○×クイズで敗退します。「○」「×」という広場で負けて帰っていく山本の映像は(当時は使われていなかった?)、今や日本テレビでも出せないウルトラクイズ感です。本当に人生がかかっているわけですからね。

 それでは近畿大会です。画面が関東に切り替わりますが、辻岡アナしか映っていません。ここでまた、オールスター感謝祭みたいな乃木坂46の紹介映像が流れます。そして乃木坂が出てきて歌うのですが、関東の会場だけ異常に盛り上がっていて、こちらは高校生がまったく反応していません。そりゃそうで、乃木坂の出ているVTRを家のテレビで見ているのと何も変わりません。何のライブ感もありません。「高校生の皆さん、生の乃木坂はいかがですか」と画面の中で言っていますが、東京だけで勝手にやってろよという感じです。この点で、今回の全国同時中継は失敗だったと思います。やはり地道に1カ所ずつ回らないと。この後、超易問。 

|

« 36回近畿大会(その9) | トップページ | 36回近畿大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64022464

この記事へのトラックバック一覧です: 36回近畿大会(その10):

« 36回近畿大会(その9) | トップページ | 36回近畿大会(その11) »