« 36回近畿大会(その22) | トップページ | 記憶調査委員会 »

2016年8月25日 (木)

方針わからぬ再放送(その6)

 8年前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 今夜の「ヤッターマン」は、おだいばテレビというところに行きます。東京の台場にあって、骨組みみたいなのに球体がくっついたテレビ局です。そこでの「おだいばなかよしリーグ」という番組にヤッターマンとドロンボーが出ることになります。「なかよし」で「リーグ」です。司会者は赤いブレザーを着ていて、白髪のメッシュが入った頭をしています。ラウンド1は、全身がマジックテープの服を着て、壁のところに飛び上がるというものです。一方ラウンド2は、トロッコに乗って、前方の景色が動いていく映像を見ながら問題が現れます。
 もう完全に開き直ってますね。視聴率で勝てない裏番組2本をネタにする。

――――(ここまで)――――

 秋から「タイムボカン」がリメークされるそうですが、本日、この宣伝のために読売テレビで「ヤッターマン」が再放送されていました。なんでよりによって他局パロディーのこの回なんだ。しかもこの回には「ようこるん」(こるん星出身という設定だが本当は千葉県茂原市出身)も出ているのです。この面倒なことになってるときに。

 それでは再放送です。「そして誰もいなくなった」という答えがあります。図らずも番宣になっています。
 結局今回の番組は、本当に過去の決勝戦だけをまとめたものでした。最後のCMの前に「このあと重大発表!」。しかし例によってアメリカ横断をするというだけです。

|

« 36回近畿大会(その22) | トップページ | 記憶調査委員会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64105466

この記事へのトラックバック一覧です: 方針わからぬ再放送(その6):

« 36回近畿大会(その22) | トップページ | 記憶調査委員会 »