« 36回近畿大会(その7) | トップページ | 出場者のその後 »

2016年8月 4日 (木)

36回近畿大会(その8)

 ナナマルサンバツの12巻の作者コメントで、作中の時間は半年ほどしかたっていないのに、時事問題がどんどん変わっていくから、時空のゆがみが生じていると書いてあります。時事問題を出さないというわけにはいかなかったんですかね。それで思い出しましたが、昨年、ニコリの社長の講演に行ったら、いつになっても解けるように、当初からクロスワードのカギに王・張本のような時事は一切入れなかったと話していたのですが、会場からの質問で、「大の野球ファンの私としては、西武黄金時代の秋山・清原をカギにしないのはおかしい。張本という人は誰か知りませんが」というのがあって、世の中には脳がこういう人もいるんだと思いました。

 それでは近畿大会です。改めてライオンの人が開会宣言です。特に変わったことは言いません。
 13時57分に高校生を立たせます。そういえば参加者は200~300チームぐらいでしょうか。そしてりゅうちぇるとぺこを呼び込みます。ビクトリーと叫ぶ練習もします。

 14時ちょうどに、大画面にこれまでの司会者の映像が流れます。ナレーターは服部潤でしょうか。なんか「オールスター感謝祭」のルール説明の映像のように見えます。もともと14時に全地区の中継開始で、それに合わせて準備をしていたのか。
 スタジオにいる桝アナが映ります。しかし録画したVTRを流しているようにしか感じられません。桝アナはクイズマスターと名乗ります。以前、日本テレビのゲーム番組で、謎の人物はマスターというヒントで、正解は「マスタいち」だったことがありました。この後、初の形式。

|

« 36回近畿大会(その7) | トップページ | 出場者のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/64009134

この記事へのトラックバック一覧です: 36回近畿大会(その8):

« 36回近畿大会(その7) | トップページ | 出場者のその後 »