« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

36回近畿大会(その27)

 豊洲市場の敷地は19回高校生クイズの全国大会の会場になりました。私も行きましたが、当時は土壌汚染されているとは知りませんでした。

 それでは近畿大会です。ファーストキスを済ませている参加者の割合が最も高い地区は。選択肢は東北・関東・中部・近畿・沖縄です。ここで北海道のどぶろっくの歌です。「高校生でファーストキスを〜済ませて〜る〜女は〜〜スカート短い」。
 次に沖縄の小島よしおの高校時代の写真が出ます。当時のロナウドの髪型になっています。「酒井敏也みたいだ」と言われます。この後、圧倒的イメージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

36回近畿大会(その26)

 CBCの「天才クイズ」が12月に復活するそうで、募集が始まりましたね。応募条件が、放送を生で見られる人というのは、暗に東海3県居住を表しているのだろうか。

 それでは近畿大会です。出場応募のときに、アンケートに答えないといけなかったそうです。この結果をもとに問題を出します。
 「ファーストキスを済ませているか」で、YESが29.9%だと発表されます。桝アナは、高校生の段階ではしていないと言いますが、それ以上詳しく言うことは拒否します。
 そこで問題。ファーストキスを済ませている人の割合が一番高い地区は。この後、スカート短い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

36回近畿大会(その25)

 昨夜の「今夜も生でさだまさし」で、「連続クイズ ホールド・オン!」に応募したが出場できたのは妻の方だったというハガキが読まれていました。ところで、昨夜は野球場からの放送でしたが、あんな広いグラウンドであっても観覧に当選させるのはいつも通り30人だけです。しかし、観覧できないのにやってきた人たちは観客席に入ることができていました。高クイの予選と同じで、入れるかどうかわからなくてもとりあえず行ってみないと。

 それでは近畿大会です。受付に、その場でスマートフォンで登録するURLが書かれています。ブラウザはクロームかサファリと指定されています。昨年のスマホクイズに使っていたURLと年号だけが違います。毎年ドメインを取っているのか。

 15時40分に再開しますが、このとき桝アナが「2800チーム超、5700人以上が参加」と言います。高校生クイズで全国の全参加者数が発表されたのはいつ以来でしょうか。最盛期は名目で20万人以上参加(おそらく応募者数)、実際に会場に来たのは10万人以上でした。逆にこのくらいのチーム数だからスマホの全国共通クイズができるともいえます。

 次のクイズは「史上最大 今どき高校生の生態調査 アンケートクイズ」。この後、告白を拒否。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

36回近畿大会(その24)

 今夜の「バナナ♪ゼロミュージック」で、答えが「負けないで」という問題が出て、「今この瞬間も、たい平さんが走ってらっしゃいます」。この前は27時間テレビの裏のケータイ大喜利で「NHKが24時間テレビをやったらどうなる」という問題を出していましたし、明日は「バリバラ」で、障害者を感動で扱うことを問うという。
 それでは近畿大会です。ここまで全問正解は29チームです。15時25分、ようやく本当の休憩時間になります。10分間です。5分前になると大画面にCMが流れるそうです。
 この間に会場を観察しなければ。受付の、水を置いてあるところに行くと、スタッフが「水だけでなく塩分も取ってください」と繰り返しています。毎年最新の知見が反映されます。しかし昨年は塩飴も配っていたのに。この後、まさかの発表。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

36回近畿大会(その23)

 2週間分の番組表が載るテレビ情報誌の関西版を見ると、読売テレビで再来週火曜日の深夜に「真実か?ウソか?」が2時間枠で再放送されます。先日の桂文枝の告知が流れなかった回か? そして月曜日には「しゃべくり007」の「高畑裕太は問題児か⁉」という回が再放送されるそうです。この枠を高クイ地区大会に差し替えろ。

 それでは近畿大会です。桝アナが「どこかの会場から見えているお城もありますねえ」。屋外の会場自体がほとんどないのでこれは大ヒントです。画像はその大阪城とサル、わらじ、朝鮮半島、刀です。

 このクイズは2問で終わりです。乃木坂46にインタビューします。高山が「ニューヨークに行きたくてさっきもマネージャーと話してたけどライブとかぶる」。この後、塩分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

記憶調査委員会

 昨夜の「怒り新党」の「記憶調査委員会」で、「人工衛星クイズ」を取り上げていましたね。あれだけちゃんとした動画が紹介されるとは。ほぼ番組内容がわかるようなものでした。
 あの番組はウルトラクイズのスタッフが作ったということを売りにしていて、番組は福留功男の映像で始まります。「ついに史上最大のクイズ番組が始まろうとしております」などと言ってカメラがスタジオに振られるのですが、以後、福留は一切出てきません。アンビリバボーのビートたけしみたいなものです。
 あと、ウィキペディアにも書いてありませんでしたが、「予選クイズ」というのがありました。1回の放送で宝探しが2回あって、それぞれの前に3組の参加チームが予選クイズをやります。視聴者参加時代のクイズ$ミリオネアと同じパターンです。問題はすべて画像による早押しで、3ポイント先取だったと思います。
 あと覚えているのは、2週目のヨーロッパの回の暗号文で、花を摘むとNACLの袋がといった文章があって、解答者が、花を摘みに行くというのはトイレに行くという意味の隠語だと気づきます。児玉清が「なんで知っていた」「女子校で習いました」「学校教育の成果」というやり取りがありました。「学校教育の成果」って、いかにも児玉が言いそうなセリフです。

 ところでその前のアポロのネタで、明治の商品カタログとおぼしきものが映ったとき、右下に「ウルトラクイズ」と書いてあったのに気づいたでしょうか。これはアメリカ横断ウルトラクイズとタイアップしたお菓子が出ていたのです。○と×の形のチョコクッキーで、箱に○×クイズが書いてあって、正解の開け口の方からしか食べられません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

方針わからぬ再放送(その6)

 8年前にこういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 今夜の「ヤッターマン」は、おだいばテレビというところに行きます。東京の台場にあって、骨組みみたいなのに球体がくっついたテレビ局です。そこでの「おだいばなかよしリーグ」という番組にヤッターマンとドロンボーが出ることになります。「なかよし」で「リーグ」です。司会者は赤いブレザーを着ていて、白髪のメッシュが入った頭をしています。ラウンド1は、全身がマジックテープの服を着て、壁のところに飛び上がるというものです。一方ラウンド2は、トロッコに乗って、前方の景色が動いていく映像を見ながら問題が現れます。
 もう完全に開き直ってますね。視聴率で勝てない裏番組2本をネタにする。

――――(ここまで)――――

 秋から「タイムボカン」がリメークされるそうですが、本日、この宣伝のために読売テレビで「ヤッターマン」が再放送されていました。なんでよりによって他局パロディーのこの回なんだ。しかもこの回には「ようこるん」(こるん星出身という設定だが本当は千葉県茂原市出身)も出ているのです。この面倒なことになってるときに。

 それでは再放送です。「そして誰もいなくなった」という答えがあります。図らずも番宣になっています。
 結局今回の番組は、本当に過去の決勝戦だけをまとめたものでした。最後のCMの前に「このあと重大発表!」。しかし例によってアメリカ横断をするというだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

36回近畿大会(その22)

 訂正です。「この差って何ですか?」は終了ではなく、10月から火曜日に移動になると赤江珠緒が本日のラジオで発表していました。

 それでは近畿大会です。5ヒントクイズの例題があります。5枚の写真は朝日、テレビゲーム、広島カープ、アサリ、東京大学です。正解は「ますたいち」です。朝日というのは早朝の番組をやっているという意味だそうですが、これはわかりにくい。他局の人かと思ってしまいます。

 1問目、答えはひらがな3文字です。制限時間は1分。送信したら修正できません。問題が終わってからすべての写真が紹介されます。ナイアガラの滝、ネズミ、ヘビ、ロケット、線香です。
 2問目はひらがな8文字の人名。桝アナが「近畿会場の高校生は動きがあわただしい」と言っています。スタジオからは全部の会場が見えているのか。「どこかの会場から見えているお城もありますねえ」。この後、マネージャーと相談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方針わからぬ再放送(その5)

 週刊文春によると、10月から「日本スター名鑑」という番組が始まるそうです。まさかの「クイズ☆タレント名鑑」の復活です。プロデューサーが番組制作の実績を重ねて再びあの枠を取り返すところまでもってきたか。一方で、裏同士で同じ内容をやっていた「この差って何ですか?」と「ハナタカ優越館」は同時に終わるようです。

 それでは再放送です。33回の決勝のバラマキには、「難」と書かれた難しい問題がありましたが、前回までの通常問題よりはるかに簡単です。これを一つの番組で同時に見せてどうするのでしょうか。
 33回の決勝に25分使って、次は35回の決勝です。ヘリコプターの場面からです。ここでも立木文彦のナレーションを生かしています。ただ、録画していないので確認できないのですが、ヘリコプターのチーム紹介にラ・サールがなかったような気がするのですが。しかし途中で3チームとも5ポイントになるところまでは放送します。昨年の放送のときと違って、いちいちスタジオの映像がはさまって止まることはありません。しかしなんか、今回の番組自体に後半のCMが多い。この後、実質番宣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

36回近畿大会(その21)

 「超☆汐留パラダイス!」の高校生クイズのブースに最終日にようやく行ってきました。解答席は4つあります。○×クイズが2問、早押しクイズが1問出ます。早押しの問題は三択で、司会が合図を出さないと押せません。○×で1問でも正解するとSUPER NANOXがもらえます。早押しで正解するとアロマリッチが2本もらえます。代表校一覧は、日本地図の県のところに数字があるのですが、校名の方に数字がないので、どこの県の代表かわからないところが多数あります。例えば玉川高校というのはどこなのか。そしてモニターに流れているのは、昨年の全国放送の番組をそのまま延々とやっているだけです。

 それでは近畿大会です。北海道と四国と南九州で同時にテーブルクロス引きです。南九州だけ失敗します。結果、成功したのは6会場でした。原口あきまさが失敗したことで逆に正解になって喜んでいる高校生もいます。

 15時15分、次のクイズです。「みんなで協力!5ヒントクイズ」。5種類の画像から連想されるものを答えるのですが、各チームのスマートフォンにはその中の1枚だけがランダムに送られてきます。つまりヒントを知るには他のチームと見せ合わないといけないのです。解答はひらがなで入力します。ついにスマホで選択肢のないクイズもできるか。この後、見えてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

方針わからぬ再放送(その4)

 広島市民球場の跡地は次の用途が決まるまでの間、誰でも使えるようになっているということを知りました。あそこで高校生クイズ中国大会をやればいいのに。今、パソコンを修理に出しているので、いつでも書けることを事前に送信しています。

 それでは再放送です。28回の決勝に10分、30回の決勝に25分使いました。乃木坂46の曲のCMが流れますが、高クイ応援ソングではないんですね。

 33回のタイとパリの映像が入ります。垂木勉のナレーションも生かされています。勝ち残ったときに女がチームメイトのうち一方の男にだけ迷わず抱きつくシーンも放送されます。あの人たち、その後どうなったんでしょうね。6回カラオケのリーゼントの人並みにいじられ続けるぞ。
 そしてモンサンミシェルでの決勝です。28・30回の決勝と33回の決勝を両方見せるというのは、番組側は何を狙っているのでしょうか。これだけ幅の広い企画をやっているということか。この後、難問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

36回近畿大会(その20)

 来週の番組表を見ると、関西テレビで「クイズやさしいねSP」を20時台だけで放送するようです。これまで、19時台にローカル番組をやる限り2時間スペシャルは一切放送せずに別番組で穴埋めするというのを3カ月やってきましたが、1時間で1本も制作されないのでついにあきらめたか。

 それでは近畿大会です。やしろ優のマシュマロは失敗です。次は沖縄の小島よしお。サッカーボールのリフティングを10回です。「海パンからこっちのサッカーボールが出ちゃうんじゃないかと」。失敗します。
 北九州の我が家は、谷田部がティッシュを落として坪倉がつかめるかです。「おサイフいっぱいクイズQQQのQ」で棒を使ってやっていたゲームと同じです。成功します。関東の超特急はけん玉を剣に刺します。成功です。

 あと3地区ですが、残りは全部同じゲームです。北海道のどぶろっく、四国の流れ星、南九州の原口あきまさは、いずれもテーブルクロス引きです。3地区同時にやります。最後に一気に結果を出すためかこの辺の地区が重視されていないのか。この後、逆に喜ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

方針わからぬ再放送(その3)

 久しぶりにウィキペディアのエコノミクス甲子園の項目を見たら、第10回について書いてありませんね。あの項目は情報の異常な詳しさからいって、明らかに大会関係者が書いているのですが、業務としてちゃんと内容を更新してください。

 それでは再放送です。浦和の25回と26回の優勝シーンが流れます。そして「公立の星」とかいう演出も当時のまま流されます。
 放送された1問目と2問目はいずれも神話です。まさにこの時代の高校生クイズの偏りを表しています。他にも、クラシック音楽家や近世までの有名画家のエピソードなら出題できるといった、知識に価値の差があって、それによって人間の価値にも差が出るというような番組でした。

 答えがクラウディングアウトという問題が放送されます。第1回エコノミクス甲子園の全国大会のウイニングアンサーです。それをわかっていて出しているのでしょう。ここで、開成は経済の知識を競うエコノミクス甲子園で優勝していますという河村アナの発言を使っているのです。エコ甲にはいい宣伝です。この後、別の曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

36回近畿大会(その19)

 高校生クイズの2日後にEテレで「俳句甲子園」が放送されることを発見したのですが、それで「学生俳句チャンピオン決定戦」はどうなったのかと思い出しました。NHK松山放送局がやる、俳句のウルトラクイズみたいな番組です。調べたら、6月にすでに放送されていることがわかりました。全国放送されるとすれば、今年は「スタジオパークからこんにちは」の14時台でしょう。

 それでは近畿大会です。中国のハマカーンは成功します。次は中部の原駅ステージAです。全員で長縄跳び10回です。この地区は声が映像より遅れています。成功です。次は東北の藤田ニコル。パターゴルフでカップインできるか。失敗です。
 近畿のぺこ&りゅうちぇるは、ゴミ箱にゴミを投げて入れるというものです。さっきのパターは一発勝負なのに、なぜかこちらはチャンスが3回あります。しかし失敗。次は桝アナが「北陸新潟の芦田愛菜ちゃん」。やしろ優がマシュマロを投げて口で受けるというものです。この後、軽く見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

方針わからぬ再放送(その2)

 この前の日曜日にやっていたアタック25の高校生大会の予告CMをたまたま見ました。灘などをあおりフレーズで紹介して、その差0.0何秒の戦いとか、完全に4年前までの高校生クイズではないか。

 それでは再放送です。CMに入ると、「同日地区大会」というのを番宣スポットで言っています。ということは、全国放送で地区大会が放送されるのか。そして「60チームでのマラソンクイズ」。全国大会1回戦でやっているのです。1回戦が屋外なのは25回以来か。さらに「初のロッキー山脈でのクイズ」だそうですが、おそらくこの放送時点ではロッキー山脈に行っていないでしょうから、空撮映像だけです。

 28回の決勝の続き。今見ると、この回に関してはそれほど決定的にめちゃくちゃな難易度の問題は出ていません。1回戦も、この演出の初回なので、クイズ研なら普段の活動で接するぐらいのレベルでした。
 「2年後」と出て、浦和と開成の決勝です。一応、29回で負けた映像も差し込まれます(東大寺学園は映ってない)。この後、偏り。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

36回近畿大会(その18)

 毎日放送で、「ザ・リーダー」という番組を月1回、日曜日の早朝にやっています。関西の社長にインタビューするものです。昨日はりそなの社長でした。番組の最後に「もちろん、未来への準備も怠らない。若い世代にりそなファンを育てるために定期的にマネーセミナーを開催し」。子どもたちがりそな銀行の大阪本社の地下に入っている映像が出ます。なぜここでエコノミクス甲子園を言わない。一応書いておきますとオンデマンドで全国で見られます。

 それでは近畿大会です。14時55分、桝アナの映像に戻ります。動画や写真の撮影をするなと今さら言います。次は「全国11会場一斉!生チャレンジクイズ」。これから、すべての会場で応援タレントが何かに挑戦します。いつもは敗者復活戦を要求するためにやるものです。これまではタレントが事前に練習して確実にできるようになった上でやるわけですが、今回は11会場のうち何会場で成功するかを当てるのです。何にチャレンジするかは地区によって異なります。

 選択肢は0~2、3~4、5~6、7~8、9~11の5択です。20秒で答えます。解答の分布は、2番目が49%、3番目が40%です。
 まずは中国のハマカーンです。1円玉3枚を10秒で立たせます。この後、芦田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

方針わからぬ再放送(その1)

 金曜日の「超問!真実か?ウソか?」で、ビッグチャンスで桂文枝が答えるとき、文枝の大阪での公演について表示されていましたが、この部分は読売テレビでは放送されてないんですけど。

 さて、関東ローカルで「高校生クイズ豪華版!涙の決勝戦すべて見せますSP」が放送されました。油断して録画していなかったら、昨年までの、前の年の全国放送を短くして再放送するというのとはまったく違う番組でした。過去の映像しか使われていないのは変わりませんが。

 番組が始まる前のCMがライオンなのはわざとでしょうか。ナレーションは菅谷アナです。オープニングで、過去にこれだけの戦いがとか言って、最初は28回の決勝です。開成が3連覇する前にこの負けがあったって、1回飛んでるじゃないか。これは後の3連覇につながってないだろ。
 鈴木アナの顔が大きく映ります。5ポイント先取の早押しですが、本当は5ポイント先取を3セットやって、2セット取った方が優勝です。私は収録を見たのに、まさか決勝があそこまで全面的にカットされると思っていなかったので、問題を記録していませんでした。映像はそのままなので、田子千尋のナレーションも生かされています。この後、それを発表する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

36回近畿大会(その17)

 明日の高校生クイズ再放送ですが、番組表のサイトにこういう内容が載りました。

――――(ここから)――――

 今年は9月9日に新王者決定される「高校生クイズ」 果たしてどんなドラマが待ち受けるのか?今までの涙の名勝負を振り返る! (1)王者開成3連覇…始まりは涙の敗退 (2)王手から一転…まさかの大逆転劇 (3)フランス モンサンミッシェル激走謎解き
 
――――(ここまで)――――

 これは単なる再放送ではなく過去の複数の回を編集するということか。(1)は29回で確率の計算で開成が東大寺学園に負ける(計算しなくても答えが6分の1より大きいことがわかるのに、とんでもなく小さい数値を書く)場面でしょう。あの時代の映像も使うのか。

 それでは近畿大会です。14時40分、またオールスター感謝祭のような映像で超特急の紹介です。超特急が歌い出すと近畿の高校生は一斉に売店に行ったりトイレに行ったりします。完全に休憩時間扱いです。ちょうど、家のリビングでテレビがついているが家族の誰も見ていない状態と同じです。真剣に大画面を見ている高校生はいません。繰り返しますが、全地区を同時中継する方式は失敗です。
 急に辻岡アナの「問題」という声が聞こえます。ここから突然出題されるのか? と思ったら、曲の中の単なる演出だったようです。そしてこのダンスに永野が加わっていた模様です。事前番組で言ってたやつです。もはやちゃんと見ていたとしても関東以外の人にはわかりません。この後、今さら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

36回近畿大会(その16)

 高クイの公式サイトに、今週末の再放送(とは書いてない)の情報が載りましたが、それとともに地区大会番組が放送されることもわかりました。しかしこの日時だと多くの局は「そこまで言って委員会NP」をやっているので、関東以外でやるのかわかりません。せっかく全国同時予選をやるなら全国で放送してもらいたいものです。

 それでは近畿大会です。○×クイズが終わって、各地区に中継をつなぎます。近畿、中国ときて北九州では県ののぼりが映っています。今年初めて見ました。こちらの会場にはありません。四国ではちゅうえいが地面に座っています。そして「乃木坂46のちゅうえいです」。北海道ではどぶろっくが歌いますが、「そういうことだろ」を言いそびれます。中部、北陸、沖縄ときます。沖縄の会場には近畿と同じように鉄骨を組んで大画面が吊ってあるのがわかります。

 ここで、全問正解のチーム数を発表します。今年のシステムではこういうことができます。165チームです。優秀な会場も発表します。沖縄、北海道、関東です。1位の沖縄は全問正解が参加者の8%います。この後、意味がない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

36回近畿大会(その15)

 先週の「あさイチ」の録画を見ました。古舘伊知郎が13年ぶりのNHK出演というのですが、最後にNHKに出た番組と思われる「クイズ日本人の質問」については一瞬映像が出ただけでした。しかしオリンピック直後に今度は「スタジオパークからこんにちは」に出るようです。

 それでは近畿大会です。○×クイズは5問で終わりだそうです。最終問題は、有名画家のエピソードです。永野に意見を聞きます。永野は「間違えたら乃木坂46の新メンバーに入ります」。次に四国の流れ星に振ります。例の、顔をてんびんに載せるネタをやります。そして「間違えたら東京に戻って乃木坂46のメンバーに入ります」。

 55%と45%に分かれます。そして、この問題文で正解があちらとは。これはクイズ研をつぶしにきています。先日、○×クイズでみんなが言っている解法について書きましたが、その元になった本で例外として出ていたパターンです。ただ全体では多い方が正解ですから、普通の人は引っかかっていないことになります。この後、あれがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

36回近畿大会(その14)

 今度の日曜日に関東ローカルで、「高校生クイズ豪華版!涙の決勝戦すべて見せますSP」という1時間45分番組があります。しかしネットの番組表で「番組概要」というところを見たら「高校生クイズ2015・アメリカ横断SP」となっていて、単に再放送を短くしただけのようです。

 それでは近畿大会です。3問目は6割と4割に分かれて多い方が正解です。4問目はオリンピックに関する問題。一転してクイズ研なら知っていそうな情報です。桝アナが「南九州の室井慎次さん」。この後も、ものまねの人に振るときは一度も本人の名前を言いません。次に近畿に振ります。りゅうちぇるが「相撲の方が…」。ぺこが「オリンピックの競技にねえよ」とちゃんとつっこみます。7割と3割に分かれて、少ない方が正解。桝アナが解説を読んでいますがお構いなく近畿の舞台でしゃべっています。

 5問目を前に関東に永野が出てきます。永野のネタは全国中継されます。「ラッセンが好き」のところを関東の高校生に言わせています。そして5問目は有名な画家についての問題です。この後、メンバー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

36回近畿大会(その13)

 「マツコの知らない世界」の次回予告は、地サイダーの世界だけが紹介されていましたが、番組サイトを見ると、「イントロクイズの世界」もあるようです。

 それでは近畿大会です。解答の比率を見ます。○が49%、×が51%。真っ二つです。いかにいい問題かがわかります。それにしても今年のシステムだとこんなことができるのです。そして、問題を作ったチームが正解を発表します。
 この問題文でこちらが正解か。第2回とか第3回とかの初期を思い出します。先に問題文を作ってから調べた結果、こうなったのかもしれません。あるいは古い資料で問題文を作った結果こうなったのかもしれませんが、とにかくこういう傾向が出るということは、本格的なクイズマニアを残さないような気がします。

 3問目、生活用品に関する問題で、量の比較です。これはむしろ最近っぽい。どちらにしろクイズ研は遠ざけている気がします。なぜか2問目に続いて東北の藤田ニコルに振ります。この後、ちゃんとつっこむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

36回近畿大会(その12)

 1カ月半ほど前の「そこまで言って委員会NP」の録画を見ました。舛添辞任の直後です。須田慎一郎が、かつて舛添とクイズ番組に出たが、自分は全問不正解だったのに対し、舛添は全問正解でヨーロッパ旅行を獲得した。後で聞いたら、都知事に恥をかかせられないということで答えを教えていたと言っているのです。実際は大半の発言の音声が消されているのですが、明らかにそういう内容であることがわかります。須田と舛添が共演したクイズ番組といえば「THE博学」しか考えられないのですが(舛添が都知事になってから出たことも確定しているのだから)、舛添は優勝していません。そこまで言って委員会に出るような人は、こうやって「自分だけが裏を知っている」的な話をつくっていくのか。今から検証できないのをいいことに。

 それでは近畿大会です。私は知りませんでしたが、今回は出場者募集の際に、○×クイズの問題も募集していたそうです。これは28回以来のことです。このときは各地区の第1問が高校生の作った問題で、採用されたチームは○×クイズが免除になりました。他に4回でも問題を募集していたのですが、このときは集めた問題がどうなったのかまったくわかりません。
 2072人が問題を考えたそうです。全国の大半のチームが問題を送ったということか。この中から選ばれた問題が2問目になります。東北大会の女子チームが作ったものです。このチームは答えを知っているので当然有利になります。問題は乃木坂46に関するもので、クイズの素人とは思えない、いい問題です。チームの外見からは、クイズマニア系には見えないのですが。この後、傾向。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

36回近畿大会(その11)

 今日からNHK総合テレビは、オリンピックと高校野球で24時間ほとんどスポーツ中継しかやらない態勢に入りました。4年前のオリンピックのときも、連続テレビ小説や終戦関連以外はほぼすべて休止ですが、なぜか「連続クイズ ホールド・オン!」だけがずっと放送され続けました。そこまでやった番組の割にはすぐ終わりました。

 それでは近畿大会です。14時15分ごろに、桝アナの映像に戻ります。「真実を見抜け!○×クイズ」。なんかエコノミクス甲子園みたいなタイトルです。とにかく、今年の地区大会も最初は○×クイズをするのか。
 問題が出て10秒でスマートフォンに入力します。1問目は練習問題みたいなものが出るそうです。「日本一高い山は富士山である」。この問題は例題としては何百回も出ていますが、高校生クイズ本編で出るのは史上初です。というか、今まですべてのクイズ番組で出たのを見たことがありません。クイズ番組で、1問目だけ絶対に全員答えられる問題にするという演出はよくありますが、高校生クイズでは基本的に初めてのことです(18回全国大会の運大王に対するクイズの1問目にそういうのが出た例はある)。しかし最終的な県内の順位に影響するので手を抜くわけにはいきません。
 解答表示は、ブロックを組み立てるような○と×が交互に出ます。この後、久しぶりの企画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

36回近畿大会(その10)

 今夜の「めちゃ2イケてるッ!」で、岡村が病気になったときの新メンバーオーディションの映像が出ていました。1万人の応募があったそうですが、1次予選の番組に関する○×クイズで勝ち残りさえすれば面接ではめちゃイケメンバーが全員に会うといいます。田村淳がこの機会しかないと山本圭壱を出場させたのですが、番組に向き合っていなかった山本は○×クイズで敗退します。「○」「×」という広場で負けて帰っていく山本の映像は(当時は使われていなかった?)、今や日本テレビでも出せないウルトラクイズ感です。本当に人生がかかっているわけですからね。

 それでは近畿大会です。画面が関東に切り替わりますが、辻岡アナしか映っていません。ここでまた、オールスター感謝祭みたいな乃木坂46の紹介映像が流れます。そして乃木坂が出てきて歌うのですが、関東の会場だけ異常に盛り上がっていて、こちらは高校生がまったく反応していません。そりゃそうで、乃木坂の出ているVTRを家のテレビで見ているのと何も変わりません。何のライブ感もありません。「高校生の皆さん、生の乃木坂はいかがですか」と画面の中で言っていますが、東京だけで勝手にやってろよという感じです。この点で、今回の全国同時中継は失敗だったと思います。やはり地道に1カ所ずつ回らないと。この後、超易問。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

36回近畿大会(その9)

 週刊ポストに「知らなきゃよかった残念な雑学」という特集があります。「ミになる図書館」みたいです。そういえばあの企画はTBSの方が先にやっていたのに、そちらではレギュラー化されませんでした。自由の女神について昨年研究者が発表したことも載っています。

 それでは近畿大会です。今回の地区大会に、途中での脱落はないと発表されます。これはもちろん史上初のことです。しかし私は、だんだん人数が減っていく方が参加者にはやりやすいと思います。ギリギリで勝ち抜けても次で成績はリセットされるのに対し、最後まで全員だと、ずっと勝つ確率が極めて低いまま、自分たちは逆転できないと思ってやっている人が大半です。

 各地の会場が映ります。北海道は席が埋まっています。東北がかなり多いように見えます。しかし単なる撮影の仕方かもしれません。中部も多い。北陸もそれなりにいます。次に近畿ですが、これは実際より少なく見えます。中国は会場が無駄に広い。四国で流れ星がやったネタを北九州の我が家がパクります。南九州の原口あきまさも「さんまさん」と振られて、さんまの声でパクります。沖縄は「新婚の小島よしおさん」と紹介します。この後、生じゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

出場者のその後

 ニュースを見ていたら、和歌山電鐵のたま駅長の生涯を描いた本がかなり売れているそうです。角川つばさ文庫から出ているということがわかりました。そんなにもうかっているのなら、ナナマルサンバツのノベライズの続きも出してほしい。

 さて、このところのクイズ界といえばこのツイートです。

――――(ここから)――――

HYNE @hynedayo 7月10日
2週間前に36歳という若さで突然逝去したのですが、昔、高校生クイズで優勝した従兄弟がテレビ朝日水曜7時〜あいつ今何してる?(今週来週辺り?)眞鍋かをりさんの回で生前収録撮影しており、出演します。中止にするか親族会議をした結果、そのまま流す事にしました。是非ご覧頂けると幸いです。.

HYNE @hynedayo 7月10日
@hynedayo 地元発展のため熱心に活動し、温厚な人でした。去年、私も地元の小学校で働いていて、凄く力になってくれ、コーラス部もNHK合唱コンクール全国大会まで行けました。「礒 創(はじめ)」といいます。早すぎるし、地元の戦力を失ったと思い、居た堪れません。未だ信じられない。
 
――――(ここまで)――――

 高校生クイズ優勝者の死去という情報は初めてです。考えてみると、西条高校が高校生クイズで優勝したとき、眞鍋がちょうど西条高校に在籍していたのか。それでこの番組が昨日放送されましたが、当該の人は一切出ていませんでした。親族は取材されれば出演するものだと思っていたんですかね。番組を見ると、タレントが相当多くの同級生候補を提示して、リサーチした中から最もテレビ的に使える人を選んでいるようです。

 高校生クイズ出場者の死去といえば以前、遺族が高校生クイズのビデオを探しているというのがパソコン通信時代にありました。10回の中国大会で島根の決勝で負けたチームの人が、その後すぐに亡くなったといいます。そしてこの回は、島根の決勝が全国放送で使われていたのです。やはり全国放送で地区大会を流すべきですね。近年では絶対に考えられません。そういえば今年の全国同時地区大会は全国放送で使うのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

36回近畿大会(その8)

 ナナマルサンバツの12巻の作者コメントで、作中の時間は半年ほどしかたっていないのに、時事問題がどんどん変わっていくから、時空のゆがみが生じていると書いてあります。時事問題を出さないというわけにはいかなかったんですかね。それで思い出しましたが、昨年、ニコリの社長の講演に行ったら、いつになっても解けるように、当初からクロスワードのカギに王・張本のような時事は一切入れなかったと話していたのですが、会場からの質問で、「大の野球ファンの私としては、西武黄金時代の秋山・清原をカギにしないのはおかしい。張本という人は誰か知りませんが」というのがあって、世の中には脳がこういう人もいるんだと思いました。

 それでは近畿大会です。改めてライオンの人が開会宣言です。特に変わったことは言いません。
 13時57分に高校生を立たせます。そういえば参加者は200~300チームぐらいでしょうか。そしてりゅうちぇるとぺこを呼び込みます。ビクトリーと叫ぶ練習もします。

 14時ちょうどに、大画面にこれまでの司会者の映像が流れます。ナレーターは服部潤でしょうか。なんか「オールスター感謝祭」のルール説明の映像のように見えます。もともと14時に全地区の中継開始で、それに合わせて準備をしていたのか。
 スタジオにいる桝アナが映ります。しかし録画したVTRを流しているようにしか感じられません。桝アナはクイズマスターと名乗ります。以前、日本テレビのゲーム番組で、謎の人物はマスターというヒントで、正解は「マスタいち」だったことがありました。この後、初の形式。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

36回近畿大会(その7)

 今夜の「開運!なんでも鑑定団」のゲストは佐々木正洋でした。例の、猪木に負けたらどうするのかと聞いて殴られる映像で、なんで佐々木の方が映っていないのかというので、「当時はマイクを持つだけで、アナウンサーが前面に出るのは福澤くんの世代から」。そして福澤が佐々木に「燃えていけ、ファイアー!」をやらされていました。

 それでは近畿大会です。平松アナが「クイズの練習問題やったかな」。今回の地区大会のアプリをダウンロードすると、練習問題ができるらしい。それによると問題は○×、三択、そして解答をひらがなで入力するというものです。

 ここで開会宣言です。ライオンの近畿中国四国支店戦略統括室長です。と思ったら、まだ都合が悪いらしい。平松アナが、どこの府県から来たか聞きます。和歌山もクイズが成立するくらいのチーム数はいます。今のところルールがわからないので、クイズが成立するチーム数がわかりませんが。平松アナは高槻出身で春日丘高校だそうです。「近畿が一番盛り上がってるってことを桝さんに見せてやりましょう」。各地区の中継もあるのか。そして平松アナが応援タレントを呼ぼうとして、開会宣言をやっていないことを指摘されます。この後、感謝祭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

36回近畿大会(その6)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 コンビニでたまたま見た「昭和40年男」を読んだら、「TVの記憶」という連載で「アメリカ横断ウルトラクイズ」を見開きで取り上げていました。しかしなぜどれも第7回の話なのだろうかと思ったら、ファミリー劇場での再放送と連動していたのか。
 
――――(ここまで)――――

 ある書店に、昭和40年男の前の号が置いてあったのですが、この連載はウルトラマンで、ウルトラマンの放送がファミリー劇場で始まったことが書かれていました。単なるタイアップの企画だったのか。

 それでは近畿大会です。注意事項の続き。使うスマートフォンはチームで1台です。それ以外は電源を切れと言います。そして検索も禁止です。さらに「問題をSNSに書くな」もあります。
 最後まで残ると抽選会があります。今年は大会の途中ではなく終わってからやるのか。そして、落とし物のテントには、スマホの充電器も用意してあるそうです。

 今年は予選を1回しか見ないので、しっかり観察しなければ。参加者に配られるタオルは、乃木坂46と超特急のロゴと、各予選会場の都市名とタレント名が書いてあるだけです。ただ、3色使っているのは初めてです。スタッフTシャツの背中のデザインもこれとほぼ同じです。印刷は水色です。今年は主要スタッフが全国を回るうちに着るものがなくなって昔のスタッフTシャツを引っ張り出してくることもないんですね。この後、練習問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

36回近畿大会(その5)

 今週の「ダウンタウンなう」で、ダウンタウンととんねるずの不仲説の原因になったとされる「なるほど!ザ・ワールド」の番組対抗特番について浜田が、「みなさんのおかげです」のプロデューサーが向こうからとんねるずに答えを教えていたからだと言っていました。私としては不仲よりもクイズ番組の答えを教えていたことが明確にされるのが驚きです。この番組についてはビートたけしも「文芸春秋」で、ヤラセであることをはっきり書いていました。ちゃんとやっても無駄なので、「この飛行機に積まれているものは何でしょう」「圧力隔壁」みたいなことばかり言って全部カットされたそうです。

 それでは近畿大会です。予想通り司会は平松アナ(読売テレビの)でした。「平松アナを知ってるかー!」。ケンミンSHOWに出ていると言います。ケンミンSHOWの前任であり高校生クイズの前任でもある人は、あっという間に辞めてセント・フォースに行きました。
 注意事項として、「スマートフォンの電池が切れると参加できなくなる可能性があります」。さらに「通信量が超過して速度制限にも引っかからないように。どっちにしろポケモンGOをやり過ぎるなということです」。大阪城公園も何かの巣になっているそうですね。この後、救済措置。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »