« 36回近畿大会(その2) | トップページ | 36回近畿大会(その4) »

2016年7月30日 (土)

36回近畿大会(その3)

 今年の高クイ地区大会は、会場から遠いすべての県から無料送迎バスが運行されましたが、それなら福井は北陸に戻してもいいのではないでしょうか。

 それでは近畿大会です。会場は小さい舞台があって、その後ろに鉄骨を組んで大画面を吊っています。毎年、大画面には何も映らないときは高校生クイズのロゴを使ったCGが繰り返し流れますが、今年はそれにライオンのキャラクターとライオンのロゴが加わっています。1日しか開催しないのでスポンサーの宣伝強化か。
 Z会や大塚製薬のブース、ライオンの美白関係のブースもあります。主要スタッフで大阪に来ている人もいます。受付ではスマートフォンの登録画面を見せるのですが、必ずブラウザを見せろ、スクリーンショットは禁止と言っています。当日登録する人もテントでスマホを操作しています。参加者は何か書類を渡されています。SNSで問題をばらすなとか書いてあるのでしょう。この後、新しいステッカー。

|

« 36回近畿大会(その2) | トップページ | 36回近畿大会(その4) »

コメント

福井県は開催地が新潟じゃない限り北陸に戻さないほうがいいと思う。それどころか、福井県は中部(名古屋)から近畿(大阪)に変えるべきだとも思う。出場者全員が送迎バスで行くとは限らず、自力で普通列車で行く場合福井県の敦賀から新快速1本(福井~敦賀の普通列車との接続もよい)で会場に行ける近畿のほうが便利と思う(中部は米原と大垣でも乗り換えが伴う)。

投稿: | 2016年7月31日 (日) 22時28分

今更ながら訂正。「新潟じゃない限り」ではなく「新潟である限り」です。失礼しました。

それにしても高校生クイズの北陸大会は鉄道における時代変化の激しさに翻弄されまくりですよ。

投稿: | 2016年8月12日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63984913

この記事へのトラックバック一覧です: 36回近畿大会(その3):

« 36回近畿大会(その2) | トップページ | 36回近畿大会(その4) »