« 17回四国岡山大会(その3) | トップページ | 17回四国岡山大会(その5) »

2016年7月12日 (火)

17回四国岡山大会(その4)

 前回の記事を送信してから1分後ぐらいにこういうツイートが流れてきました。

――――(ここから)――――

てれびのスキマ/戸部田 誠 ‏@u5u
今回から3つのチームにわかれた「水道橋博士のメルマ旬報」、僕は「め」組(上旬号)に配属されました。そのリニューアル初回の「芸人ミステリーズ」は「1991年の福澤朗」の第1回。『アメリカ横断ウルトラクイズ』(と『高校生クイズ』)をメインテーマにした長期シリーズにするつもりです。

てれびのスキマ/戸部田 誠 ‏@u5u
クイズ番組の歴史はテレビの歴史そのもので、その象徴的な番組のひとつが『ウルトラクイズ』だと思っているので、今回のシリーズを通してクイズ番組史、アナウンサー史、視聴者(参加者)史、そしてテレビ史を振り返りつつ、関わった人の青春記を書きたいと思ってます。知力・体力・時の運が続けば。

てれびのスキマ/戸部田 誠 ‏@u5u
今回の「1991年の福澤朗」は完全に『QUIZ JAPAN』での福澤朗ロングインタビューを読んで面白すぎたのを契機に書き始めたものです。めちゃくちゃ面白いインタビューなので未読の方は是非!
 
――――(ここまで)――――

 これは金を払って読む価値があるか。

 それでは17回四国です。

――――(ここから)――――

 会場は先週の中国から直線距離で50キロほどしか離れていません。

 参加者は激増して1000チームを超えました。先週の中国と入れ替わったような感じです。しかも、開催地の愛媛県が最も人数が少ないという、史上初の事態が起こりました。おそらく四国の場合、他の県からは観光バスでまとめてやってくるチームが多いので、人数が安定しているのでしょう。

――――(ここまで)――――

 33回の北東北のときに、開催地の岩手県が最も少ないという史上初のことが起きたと書きましたが、すでに起きているではないか。それにしても四国で1000チームなんて今では想像もつきません。

|

« 17回四国岡山大会(その3) | トップページ | 17回四国岡山大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63900218

この記事へのトラックバック一覧です: 17回四国岡山大会(その4):

« 17回四国岡山大会(その3) | トップページ | 17回四国岡山大会(その5) »