« 16回関東大会(その14) | トップページ | 16回関東大会(その16) »

2016年5月10日 (火)

16回関東大会(その15)

 「気まぐれコンセプト」の35年分の作品をまとめた本が出たことを知りましたが、気まぐれコンセプトのネタといえば、お台場に自由の女神を設置する交渉をしているときに、日本側が自由の女神の情報に異常に詳しい。掃除のおばさんまで自由の女神に関するデータを披露します。「その理由はもちろんコレ」として、最後のコマがアメリカ横断ウルトラクイズの絵です。この作品は載っているのだろうかと思って検索したら、当ブログで過去にそのことを書いていて、前に出た本にすでに載っているようです。

 それでは16回関東です。

――――(ここから当時の引用)――――

 しかし過去の高校生クイズで、問題文に「いわゆるひとつの」などという言葉がつく問題は1問も出ていない。本気で出すのかと思っていたが、上に書いたのよりは自然な問題文だった。しかし、正解は上の問題とは違ったらしい。今年は信用したチームが落とされたわけだ(むしろ、余計な情報が与えられない方が正解
できる問題だった)。

 7問目までは頑張って作った問題だったが、そこから突然、過去問の嵐になる。ウルトラクイズで出た問題もある。最終的に17問でYES-NOクイズが終わった。おじゃマンモスは結局1チームしか残らなかった。次のクイズの準備中に福澤がインタビューを受けている。日本テレビ広報の番組のものと思われる。この会場にはさまざまな番組が入り乱れている。

――――(ここまで)――――

 ある回のある地区で、正解の垂れ幕を出す人が持っていたと思われる紙が落ちているのを発見したことがあるのですが、そこには30問分の答えが書いてありました。問題はさしあたりそのくらい用意してあったということでしょう。今は3問などと限定されているので楽なものです。

|

« 16回関東大会(その14) | トップページ | 16回関東大会(その16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63606808

この記事へのトラックバック一覧です: 16回関東大会(その15):

« 16回関東大会(その14) | トップページ | 16回関東大会(その16) »