« 声を足す事前番組(その7) | トップページ | 21回関東大会(その1) »

2016年5月30日 (月)

日本人の質問(その78)

 テレビを見ていたら「コアラのマーチ」の工場を取材していたのですが、コアラのマーチの絵柄は500種類あったのが、昨年総選挙をやって365種類にリストラ(その後、公募で1種類追加)したことを知りました。調べたら、早押しクイズをやるコアラはなくなっているではないか。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

ペットボトルを使って簡単に雪の結晶を作る方法の中で、大切な手順とは?
旭川西高校の平松和彦教諭が考えた。ペットボトルの中に糸を垂らして、アイスボックスにドライアイスを入れた中で冷やす。水蒸気が必要なので、吐く息を入れる。前もって水を入れて捨ててから息を入れるとより確実。
北海道でとれる越冬キャベツは、雪に埋めることでどうなる?
11月に収穫されるが、雪の下に保存しておいて、キャベツが品薄になる1月や2月に出荷する。寒さの中で育ったキャベツは、凍らないように糖分を多くつくる性質がある。これに雪をかけると、甘さをじゃまする辛みの成分が少なくなり、より甘くなると考えられている。
使い捨てカイロのほとんどに入っている身近なものとは?
塩が入っていて、鉄の酸化を促す。人の肌に安全な物質として選ばれた。他に水分を発生させる活性炭や、水分を適度に保つ木の粉やバーミキュライトという物質が入っている。空気に触れないようにして作られる。
昭和35年に赤外線こたつのランプを開発するときに乗り越えた最大の危機は?
屋外広告のネオンなどを想定して、色のついた電球には10%物品税がかけられていた。そこで開発者は大蔵省に直談判した。

――――(ここまで)――――

 今騒がれている(結局うやむやになりそうな)軽減税率で問題になっていたことは、当時の日本ですでに起きているわけです。そういえばこのころは、グリーン車の料金にかけられている通行税といったものがクイズの問題になっていました。

|

« 声を足す事前番組(その7) | トップページ | 21回関東大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63703202

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その78):

« 声を足す事前番組(その7) | トップページ | 21回関東大会(その1) »