« 16回関東大会(その17) | トップページ | 16回関東大会(その19) »

2016年5月13日 (金)

16回関東大会(その18)

 今発売中の「FLASH」に、歴代のテレビのバカ企画についての特集がありますが、その中で「お笑いウルトラクイズ」について、土屋敏男などの証言で、アメリカ横断ウルトラクイズのスタッフに許可を取っていないそうです。あんな名番組のスタッフに言いにいくなんて恐れ多いというようなことを言っているのですが、本当にそんなことを思っているのかな。なんか性格的には、アメリカ横断みたいな番組はやりたくないのではないかという気がするのですが。

 それでは16回関東です。

――――(ここから当時の引用)――――

 1時間近くして、結果発表が始まる。すでに決勝のセットができている。早押し機が12台ある。すると各都県6チームが残って2県ずつ決勝をやるのかな。しかし「決勝に進むことができるのは各県4チーム」。それならなぜ、この予選に限って10チーム残したのだろう。採点の手間も増えるし。結局理由はわからなかった。
 ブーブーゲートが用意されていて、1チームずつ、自ら名乗り出たチームがくぐる。1つの県で4チームの合格が出た時点で終わりになるので、映りたければ早くやった方がよい。唯一残っていたおじゃマンモスのチームはここで合格した。これで何とか番組が1本つくれそうだ。

――――(ここまで)――――

 他の地区は8チームをペーパークイズで4チームにしますが、県の数が最も多い関東だけ10チームから4チームです。このころから多少、ペーパーで強いチームを残すことを考えていたのかもしれません。

|

« 16回関東大会(その17) | トップページ | 16回関東大会(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63620458

この記事へのトラックバック一覧です: 16回関東大会(その18):

« 16回関東大会(その17) | トップページ | 16回関東大会(その19) »