« 第10回エコ甲全国大会(その29) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その31) »

2016年4月 5日 (火)

第10回エコ甲全国大会(その30)

 先週の「サワコの朝」で山瀬まみが、「ためしてガッテン」を降板したことについてスタッフから、知りすぎたから教えることはないと言われたそうです。ということはあの番組は、過去にやったのと同じことを取り上げるのか。そのための番組名変更?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。勝者が決まる10問目、経済以外の分野でも使われる単語です。4位と5位のボーダーラインにいる東大寺学園と札幌南以外の答えを先に開けます。
 正解したのは札幌南、新潟、東大寺学園、広島学院。この問題しだいで敗退かどうか決まる2、3、4、5位だけ正解するという絶妙な展開です。格付けを下げるのは、4チームとも慶應義塾です。さっきまでどこも慶応を書かなかったのに、今回は自分より下を下げてもしようがないので、一転して全チームが慶応です。
 格付けAの広島学院と新潟は勝利で、札幌南と東大寺学園と慶應義塾がBBで並びます。前のラウンドの順位によって、東大寺学園と慶應義塾が残ります。終わってみれば最下位の東大寺学園が逆転して、ずっとAAAだった慶應義塾はギリギリの勝利でした。問題を読んだのは足利銀行です。この後、最初に戻る。

|

« 第10回エコ甲全国大会(その29) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63441646

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その30):

« 第10回エコ甲全国大会(その29) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その31) »