« 第10回エコ甲全国大会(その41) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その43) »

2016年4月19日 (火)

第10回エコ甲全国大会(その42)

 今夜のネプリーグで、100万円獲得が出た瞬間に、賞金は熊本地震の義援金へ寄付という文字が表示されました。あれって、今になって番組側から出演者に「地震があったので賞金は渡さないで寄付する」という連絡が来るんですかね。裏のQさま!!では、熊本朝日放送の人がなるべく目立たないように編集されていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。舞台の幕が閉まって、全部の地銀を紹介します。さらに協賛企業の紹介を延々とやります。合わせて20分ぐらいかかりました。
 16時10分過ぎから閉会式です。一部のチームだけが舞台に上がっています。マニュライフ生命の代表執行役が講評します。「リスクはどこにでもあるもんだな」。これはルールに従って戦っていても、広島学院のようなのが現れて基盤そのものをいつ壊されるかわからないという意味です。金融知力普及協会の人に、優勝旅行では我々の拠点のあるトロントやボストンにも寄らせろと言います。

 次にプレゼン最優秀賞です。前日のプレゼンクイズによるものです。Gグループの灘、昭和薬科、青森、宇治山田商だそうですが、我々にはその内容が一切明かされていないのでGだろうがHだろうが意味がありません。日本航空からエアバス350のモデルプレーンが贈られます。この後、2冠。

|

« 第10回エコ甲全国大会(その41) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その43) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63505965

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その42):

« 第10回エコ甲全国大会(その41) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その43) »