« 第10回エコ甲全国大会(その26) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その28) »

2016年4月 2日 (土)

第10回エコ甲全国大会(その27)

 今週のミラクル9で、2012年に話題になった○○日食という問題がありました。宮崎美子が自信なさそうに「金環?」と答えて、正解音が鳴ったところで「あれ、金環食って言ったよね」とつぶやいている声が入っています。私もこれはずっと不思議に思っていて、それまでは金環食としか言っていなかったのに、2012年のときに突如全メディアが金環日食と表記するようになりました。おそらくこの日食が一般向に大々的に報道されるのは初めてなので、日食とわかるようにしたのだと思いますが、昔なら用語使用の基準については内部でわかったんですけどね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。1問目はマニュライフ生命のCEOが出題します。英語です。聞いていることは難しくありませんが、多くのチームが英語を理解することを最初から放棄しているように見えます。
 正解したのは慶應義塾のみ。1問目なので当然、他の全チームの格付けを下げます。

 2問目は国の財政に関して。正解したのは札幌南、慶應義塾、新潟、仙台二華、広島学院です。どのチームの格付けを下げるかは、改めてボードに書いて一斉に発表します。東大寺学園が3チーム、宇都宮と岐阜です。強そうなチームは格下げが集中して一気に何段階も下がるということに初めて気づきました。そして、仮に1チームだけ不正解になると、AAAでない限り自動的に一発で失格になります。この後、戦略。 

|

« 第10回エコ甲全国大会(その26) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その28) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63428528

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その27):

« 第10回エコ甲全国大会(その26) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その28) »