« 16回関東大会(その2) | トップページ | 16回関東大会(その4) »

2016年4月28日 (木)

16回関東大会(その3)

 先週の「クイズやさしいね」の録画を見たら、帯広のうどん屋に関する問題で蛭子能収が正解していましたが、蛭子は「ナニコレ珍百景」でこの店にロケに行ってるじゃないか! 私は最後に「いやー、僕はナニコレ珍百景でこの店でタダで食べたんでね」「他局のことを言うな!」とかいう展開になると思ったのですが。

 それでは16回関東です。

――――(ここから当時の引用)――――

 今年はなんとか早く終わらせようと、受け付け終了までの時間を短くしたので、いつまでも計算していて入ってくれないと困るからだろうか。あるいは全国放送で、関東の第1問が発表されてから正解が出るまで、最近は数十秒しかないので、計算問題では視聴者がまったくついていけなくなるからか。今回のパターンは過去に第5回で出たが、対処法がないわけではない。普通の問題は、おもしろい事実を見つけてそれを問題にするのだが、このパターンでは、先に問題文の枠組みがあって、それに事実を当てはめる。したがって、結果は意外なものにならない可能性が高い。もしYESとNOの人数に大差があるなら、多い方につくのが得策である。

――――(ここまで)――――

 このころは全国放送で関東の第1問に十数秒もつかっていたのか。関東の1問目のスポーツ選手へのアンケート問題は当然、先にアンケートの項目を決めてから質問するわけですから、結果がおもしろいものになるとは限りません。むしろ確率的には当たり前の答えになります。もっと進んで、後の回では有名スポーツ選手1人に聞いただけの問題も出るようになります。

|

« 16回関東大会(その2) | トップページ | 16回関東大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63547142

この記事へのトラックバック一覧です: 16回関東大会(その3):

« 16回関東大会(その2) | トップページ | 16回関東大会(その4) »