« 第10回エコ甲全国大会(その36) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その38) »

2016年4月12日 (火)

第10回エコ甲全国大会(その37)

 今日、久しぶりに「ヒルナンデス!」を見たのですが、VTRのコーナーで、「○」が立ち上がる早押しボタンのおもちゃを持っています。押すとアフレコで音が入りますが、ボタンを押したときに高校生クイズの正解音です。日テレとしての自覚をもってほしい。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。7問目は、五と十がつく、商売が忙しくなる日のことを何というかというものです。慶應義塾が「ごとう日」で正解。しかし新潟の「ゴト日」も審議の結果、正解になります。私はゴト日の方がよく聞きます。そして広島学院は「ゴト日」と書いていたのに「日」を消したので不正解ということになります。
 慶応はプロジェクト参加、新潟はロケット打ち上げです。慶応のデポジットに10億円入って、新潟の収益は18億円(デポジットは0)になります。

 問題選択はまた東大寺学園です。経済史・経済学の10億円です。典型的な、経済学の教科書に載っている理論の用語です。新潟のみ正解です。当然、プロジェクト参加で、デポジットに10億円入ります。新潟の独走になってきました。この後、戦略。

|

« 第10回エコ甲全国大会(その36) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その38) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63473985

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その37):

« 第10回エコ甲全国大会(その36) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その38) »