« 第10回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その33) »

2016年4月 7日 (木)

第10回エコ甲全国大会(その32)

 ネットニュースによると、愛内里菜が歌手に復帰したんですね。愛内の歌う高校生クイズの応援ソングはよかったんですけど、近年は派手な集団しか起用されなくなりました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。主催者側がちゃんと説明する気のないルールについて書きます。
 20問のボードクイズです。各チームには「デポジット」と「収益」という2種類の得点があります。もうこの時点でわかりません。問題は4ジャンルでそれぞれ4億円、6億円、8億円、10億円、12億円があります。
 正解したチームは、3種類のアクションのうち1つを選びます。「プロジェクト参加」を選んだチームで問題の金額を分配します。この金額は「デポジット」に入ります。どのチームも「プロジェクト参加」を選ばなかった場合、問題の金額はキャリーオーバーになって、次の問題の金額に加算されます。しかし全チーム不正解の問題があると、キャリーオーバーは消滅します。
 2つ目のアクションは「ロケット打ち上げ」です。これを選ぶと、自分のチームの「デポジット」が「収益」に移ります。最終的には収益の金額で順位が決まります。書いていてイライラしますが、この後、ルール。 

|

« 第10回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63450438

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その32):

« 第10回エコ甲全国大会(その31) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その33) »