« 第10回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その24) »

2016年3月29日 (火)

第10回エコ甲全国大会(その23)

 今日の「ごきげんよう」のゲストはさだまさしでした。風に立つライオン基金という財団法人を始めたそうです。東日本大震災のほか、海外で医療活動などをする日本人を支援するためのものです。なぜ今までやらなかったかというと、映画での莫大な借金を返済し終わらないうちに財団法人をつくると、着服すると疑われるからだそうです。そしてオチが、「(番組のスポンサーが)ライオンなのでこういう話をしました」。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。18問目、取引に関する問題で、湯梨浜が失格、宮崎第一が失格。インタビューで「次の答えがすごい気になります」。精道も失格、高志も失格。柏がようやく正解します。
 19問目、国家間の問題で、甲府南が不正解、高松は失格。静岡が「通貨融通協定」で不正解。大阪星光が失格、白河が失格。早稲田が通貨スワップ協定を正解します。
 20問目はエコ甲では毎回必ず出る問題です。岐阜が一発で正解します。21問目は為替取引の問題で、山形東が失格、土佐が正解。22問目は一般用語にもなっている言葉で、秋田が失格、札幌南が正解です。
 23問目、株式に関する問題です。問題文で、大塚家具で起こったとあります。致遠館が失格。土浦第一が「お家騒動」と言います。失格です。この後、多い。

|

« 第10回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63410167

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲全国大会(その23):

« 第10回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その24) »