« 第10回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その5) »

2016年3月 7日 (月)

味園夜会(その12)

 飯間浩明のツイート。

――――(ここから)――――

飯間浩明 ‏@IIMA_Hiroaki 3月5日
日本語史上、「川(かは)」などのハ行をワ行で発音するようになったことは大変化でした。でも、「このごろの若き人の、かは、我はと言ふべきを、かわ、われわと聞こゆるやうに言ふ、いと聞きにくし」などと批判する文献が見当たらない。その理由を述べなさい。これ、試験問題になり得ますよね。

――――(ここまで)――――

 これに対する答えが「むかしの人はそうゆうことがどうでもよかったから」だそうです。今、正しい日本語に関するクイズが山のようにありますが、本当は厳密でないものを逆にそういう文化によって「正しい日本語」が規定されているのではないでしょうか。

 それでは味園夜会です。地下クイズへの対策として、今回なら「生まれ変わったら道になりたい」は絶対出るのでそれに関する予想問題を作ったりしたそうです。構成作家に、地下クイズでも出せなかったジャンルはという質問があります。皇室とドヤ街に関する問題はプロデューサーに止められたそうです。

 15時を回って、「決勝ラウンド」になります。早押しを2セットやります。最初のセットの出場者10人を抽選で選びます。「時々獲得ポイントが倍になる早押しクイズ」といいます。1問10ポイントなのですが、アヒル口をやる問題があって、急に画面に「かわいい」と出て、得点が2倍になります。「モホロビチッチ不連続面」と答えると「カッコイイ」と出て2倍。「お口の恋人」と答えると「エロ~い」で2倍です。この3問、すべて同じ人が答えました。この後、後悔。

|

« 第10回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63310145

この記事へのトラックバック一覧です: 味園夜会(その12):

« 第10回エコ甲全国大会(その4) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その5) »