« 味園夜会(その7) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その1) »

2016年2月28日 (日)

味園夜会(その8)

 先日こういうことを書きましたが、

――――(ここから)――――

 「テレビ界では聞いたことがない」って、そんなのしょっちゅうやってるぞ。特に地方局は中途採用だらけです。実際、過去には高校生クイズの地区大会に出ていたアナウンサーがいつの間にかテレビ東京のアナウンサーになっていたことがあります。

――――(ここまで)――――

 クロスカントリー日本選手権という番組を見たら、スタジオ出演しているrkbアナウンサーが、沖縄テレビで高クイ沖縄大会をやっていた人ではないか。もう高クイ沖縄大会はないから転職したか。少しでも東京に近づこうとしているのか。

 それでは味園夜会です。次のジャンルは「当たり前」です。例えば「『吾輩は猫である』という書き出しで始まる夏目漱石の小説は?」というような問題が出ます。あと、○○イカ、○○イカと種類を並べて、「いずれもどんな生物?」というような。そういえば昔のQさま!!で、「この書き出しで始まる小説の題名は」という問題で、1番席の木佐彩子が1番の「吾輩は猫である」さえ知らず、番組が成立しないのでほとんど答えを教えていたことがありました。ちゃんとどのイカもイカの種類であることをウラ取りしているそうです。○○ガニという名前なのにカニではない生物などいますからね。このコーナーはみんなで答えを言うのをおもしろがっているだけです。

 次は「音声多重」。二重音声クイズをやります。大半が、2つの答えがダジャレになっているパターンでした。そして最後のジャンルである「画像/VTR」は壇上の出演者が答えます。この後、やりたくない。

|

« 味園夜会(その7) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63272910

この記事へのトラックバック一覧です: 味園夜会(その8):

« 味園夜会(その7) | トップページ | 第10回エコ甲全国大会(その1) »