« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その4) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その5) »

2016年1月21日 (木)

マニアのミュージシャン

 私がバッジをもらったTBSラジオの「ザ・トップ5」。今夜聞いていたら、20時からのゲストのコーナーに出てきたファンクバンドScoobie Do のオカモトMOBYタクヤという人がいきなり「今だからこそ語りたい、アメリカ横断ウルトラクイズの魅力トップ5」。自分の音楽のことなんかそっちのけで、30分間ひたすらウルトラクイズの話です。相当危ないレベルのクイズマニアのテンションです。

 トップ5は5位が史上最大の規模、4位が制作陣の素晴らしさ、3位がアメリカの文化・歴史・地理を学べる、2位が福留功男という存在(ここでなぜか笑いが起きる)、1位が敗者が主役。ここから1項目ごとに解説するのですが、それぞれウルトラクイズの別のBGMをかけます。「このジングルは知り合いを通じて本物を入手」。
 ウルトラクイズのマニアなら知っている話が続きます。最初は東名高速から、バローからフェゴ島まで行ってる、制作費が3億円、ストや洪水や台風でルーとを変えないといけないことも。そういえばメイナードファーガソンやルート紹介の曲は普通にDJが持ってるレコードだそうです。ルート紹介曲は中古で3000円ぐらいらしい。
 画面に余計な字幕がないとか、海底クイズでスーツケース、いろいろなマイナーな場所へ行ってバラマキなどする話、アメリカ政府観光局の協力、福留は1人で問題読みと司会進行をして基本噛まない、福留自身が綿密な問題会議、ペーパークイズで挑戦者の傾向と対策、この人ダメだなっていうときはこの人に答えてほしいなという問題を留さんのさじ加減で、ズームインを休んでいた、福留の敗者へのインタビュー、大声クイズでニックネームをつける、ザ・ガマンはウルトラの罰ゲームが元ネタと福留が言ってる、国境警備隊に撃たれそうになる、決勝の敗者は無視といった話です。

 ここで、「秋利帰れTシャツを提供したいと申し出があった」ということでリスナー4名にプレゼントです。普通のレベルのクイズマニアでは知らないような物です。
 CMをはさんで、「クイズを作ってきた」と言います。なんと、2008年の高校生クイズの問題を作っていたそうです。○×クイズの1問目、「気象庁の観測史上、沖縄県内で雪が降ったことはない」。2問目は「野球で、バットを持って打席に立たないとアウトになる」。早押しも作ってきたけど時間がなくなったそうです。

 なお、これはポッドキャストになっています。ここで、1週間限定です。聞いたら○×クイズのところまで入っていました。

|

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その4) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63096510

この記事へのトラックバック一覧です: マニアのミュージシャン:

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その4) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その5) »