« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その9) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その11) »

2016年1月27日 (水)

第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その10)

 検索をしていたらロシア語で書かれている見たことのない動画サイトが出てきました。そこに並んでいる画像を見ると、日本テレビの「ウラカタ」と思われるものがあります。再生したら、「超問クイズ!真実か?ウソか?」のディレクター(=高校生クイズと頭脳王もやってる)の回ではないか。見るのを忘れていたのでこれはラッキー。この番組のコンセプトは、○×クイズをエンターテインメントにということで、誰でも答えられるというのがポイントです。アナウンサー2人にも問題をやらせますが、○×の札の色がこの人の担当番組と逆です。クイズとは何かという問いには、「クイズは楽しく伝える手段。クイズをやりたいって人もいるかもしれないけど」。これは頭脳王などの路線否定か? と思ったら、「その先にあるクイズを解いてる高校生の姿がいい」。なんだ、クイズで伝える情報を見せるのではなくクイズ芸の人を見せたかったのか。見たいものは「世界一のクイズ王」で、文化や原語に影響されない問題を選べば実現できるのではないかと言っていましたが、それって他局で見たような気が。

 それでは埼玉クイズ王です。7問目、公示地価の地点に関する問題で、おじさんのチームが正解します。そして8問目、埼玉県出身のデュオの名前で、浦和高校が決勝大会進出です。

 14時半から敗者復活戦です。ここまでに負けたすべてのチームから1チームが決勝大会に行くことができます。まずは間違えると失格の三択で、2~5チームに絞ります。
 1問目、コクーンシティのイルミネーションの点灯式に来た俳優です。不正解は4チームだけ。2問目、大宮止まりだった東北新幹線について。これも選択肢の並びを考えたら間違えません。圧倒的に正解です。3問目、埼玉県のB級グルメについて。これも圧倒的に正解です。4問目、小中学校の名前から市を答える問題で、不正解が2チームしかいません。全然減りません。この後、これは下手。

|

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その9) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63126978

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その10):

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その9) | トップページ | 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その11) »