« 第10回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 第10回エコ甲岐阜大会(その11) »

2016年1月 8日 (金)

第10回エコ甲岐阜大会(その10)

 「団地ともお」の正月に再放送された回を見たら、漢字クロスワードを解いているところで、「修身斉家」と書いてありました。今まで一度も聞いたことがありません。こんなアニメで取り上げられるような四字熟語を知らないのか。政治家はまず自分のことをちゃんとしろというような意味です。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。4問目、最近知られるようになった言葉で、岐阜の去年出たチームが連取します。5問目は今度こそリーマンショックで、岐阜のもう1チームが正解します。6問目は他の地区でも出た二択で、岐阜の昨年出たチームが勝ち抜けました。

 ここで休憩になります。各チームの座席表が、ガラスに外に向けて張られていたことに気づきました。一般客にアピールするためか。
 決勝のルール説明です。この地区は、ルールがわかりにくすぎるとして、スタッフによる模擬試演があります。例題は「長良川で繰り広げられる鵜飼いでは」。この地区は解答はホワイトボードに書きます。1人につき2チームずつ担当するので、いちいち違う演技をします。問題は「鵜が獲る魚は」です。
 例題が1問で終わりません。「全国的に人口減少が叫ばれていますが」。この後、長い。

|

« 第10回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 第10回エコ甲岐阜大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63024092

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲岐阜大会(その10):

« 第10回エコ甲岐阜大会(その9) | トップページ | 第10回エコ甲岐阜大会(その11) »