« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その13) | トップページ | 35回関東大会(その1) »

2016年1月31日 (日)

日本人の質問(その77)

 前回の「ハナタカ!優越館」の録画を見ました。ある雑学のところで、これを最後までやったら内容が放送にふさわしくないのではないかと思ったら、スタジオで流すVTRで収録されているのに放送時にカットされている形跡がありました。こういうことは、我々がわからないだけで毎週のように起こっているんでしょうね。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

――――(ここから)――――

人造トリュフに入っている、いかにも和風な食品とは?
福岡県豊前市の工場で10年の歳月をかけて研究された。朝鮮人参、コンブ、ニンニクなど12種類の食品から抽出したエキスを粉末にして、ミネラルウォーターと混ぜる。そこによく練ったこしあんをサラダ油とともに加える。こしあんはつなぎの役割を果たしている。その後、手で本物の形に似せて丸める。これで中の空気を抜き、いたむのを防ぐ。最後に4日ほど熟成させて瓶に詰める。
「大きな古時計」の歌詞を日本語に訳すとき、原曲と違った部分は?
もともとアメリカの歌だった。昭和37年6月にNHKの「みんなのうた」で紹介するときに訳詞した。詩人として知られた保富康午が担当した。「ninety years」という部分だけが元のメロディーに乗らないため、ディレクターと相談して「百年」に変えた。
東京都のふぐ料理店に対する厳しい決まりとは?
ふぐの調理に関する条例は東京都が最も厳しい。昭和24年に定められた。当時、都会の衛生環境がよくなかったため、ふたのついた専用のゴミ箱に捨てなければならない。かつては店ごとに処分していたが、現在は1カ所に集めて焼却処分している。鍵のついたゴミ箱の取り決めは28都府県にある。

――――(ここまで)――――

 これは放送されたものを文字に起こしているだけなのですが、前回の部分は解説がやたら短いのに今回は詳しい。いろいろ単発のコーナー企画があったのだと思います。

|

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その13) | トップページ | 35回関東大会(その1) »

コメント

超問クイズ真実かウソかの問題を記事にしていただくことはできませんか?

投稿: | 2016年1月31日 (日) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/63145960

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その77):

« 第4回埼玉クイズ王コクーンシティ大会(その13) | トップページ | 35回関東大会(その1) »