« 35回中部大会(その14) | トップページ | 35回中部大会(その15) »

2015年12月19日 (土)

第10回エコ甲長野大会(その7)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 高専ロボコンの地区大会の全国放送が始まりましたが、初日の九州沖縄大会は、最初から最後まで対戦映像を延々と流すだけで、各ロボットの機能紹介が一切ありませんでした。地区によってチーム数が大きく異なるので、逆に北海道だったりすると尺を埋めるために余計なものばかり放送して話が進みません。

――――(ここまで)――――

 北海道大会では、負けたのは操縦者が大事なシルバーウィークに東京・京都・大阪に旅行していたからだと実況アナが指摘してその写真をわざわざ放送したり、裏方メンバーの日常生活のドキュメントなどがはさまったりしていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。5問目の正解は逆進性ですが、諏訪清陵が「累進課税」で不正解。6問目、二択で松本深志が正解します。これで終了です。

 Cグループは松本深志3チームと屋代です。松本深志には、クイズ研の部長と副部長が組んだチームがいます。2回目の出場だそうです。屋代の2人は名字が同じです。
 1問目、エコ甲で非常によく出る問題で松本深志クイ研が正解。2問目、「15歳以上で仕事」で同じチームが押しますが、「労働力人口」と答えて不正解。完全失業率でした。3問目、一般的にはかなり難しい単語だがエコ甲ではやたら出る問題で、屋代が正解します。4問目、年金に関する問題で、絶対に正解が出ないので今回は2択にしてきましたが、それでも松本深志の別のチームが間違えました。
 5問目、株取引の用語で松本深志のクイズ研が正解。6問目は労働に関する問題で屋代が正解します。7問目は権利に関する問題で屋代が正解して逆転で勝ち抜けです。この後、エストニア。

|

« 35回中部大会(その14) | トップページ | 35回中部大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62895887

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲長野大会(その7):

« 35回中部大会(その14) | トップページ | 35回中部大会(その15) »