« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

第10回エコ甲岐阜大会(その2)

 関西テレビは穴埋めにやたらとネプリーグを再放送して、年末も2日続けて2時間スペシャルをやっていますが、昨日は2年近く前の回をやっていました。花の独身チームで大渕愛子と山口もえが出ているのは違和感があります。そして、「昨年(2013年)の紅白歌合戦に出た大人気ユニット」という問題が出ているのですが、私はその名前をこの本放送以降一度も聞いたことがありません。普通に再放送するだけで「クイズ☆正解は一年後」感があります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。かんがえるスタジオに入ります。新聞やテレビの取材が来ています。ずっとウルトラクイズの曲がかかっています。十六銀行のお客様サービス部長が開会宣言します。全国で410校1121チームがエントリーしたそうです。マイナンバーは届いたかと聞きます。ほとんど手を挙げません。高校生だから知らないでしょう。来年から選挙もできるという話をします。巨大全国大会チケットが壁に飾ってありますが、このデザインは航空券だが新幹線で行くと言います。さらに、今の金利は0.025%とかいう話です。

 司会はその部下ですが、わかりやすい美人です。いかにも、これまでの人生で外見でいい思いをしてきたんだろうなという感じがします。
 かつてエコ甲の全国大会に出て、現在は十六銀行の名古屋営業部に勤める人があいさつします。しかしこの人が出たのは3~5回の愛知大会で、愛知銀行を裏切ったのか。この後、存在感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

第10回エコ甲岐阜大会(その1)

 ヤングエースの2月号はすでに店頭に並んでいますが、ナナマルサンバツを読んでいて気づいたのが、解答者が全員、ピンマイクを使っているんですね。そんなコストをかけなくても、解答席にマイクを置いておけばいいように思いますが、作画上の都合でしょうか。しかしよく見ると、マイクスタンドもあるのが描かれている場面が何カ所かあります。

 さて、エコノミクス甲子園の地区大会の最終日は12月20日です。岐阜大会に行きます。岐阜大会は5年ぶりです。前回のエコ甲岐阜大会の帰りに、ナナマルサンバツの第1話が載っているヤングエースを買った記憶があります。その後、岐阜大会は「関係者の方ですか、関係者の方ですか」で入れなくなりましたが、今年は会場が銀行でなくなって、自由に見られるようになりました。
 今年オープンした「みんなの森 ぎふメディアコスモス」です。市立図書館を中心に、ホール、ギャラリー、スタジオといったものが集積しています。もともと大学のあった敷地のようです。岐阜駅からバスで北上します。建物の入口にスタッフがいたので聞いたら、かんがえるスタジオというガラス張りのスペースでやっているそうです。
 岐阜ではこの施設は話題になっていて、今年「今夜も生でさだまさし」もここから放送しました。そのときの小針画伯のホワイトボードがそのまま展示されています。この後、いい思い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

第10回エコ甲長野大会(その15)

 今発売中のサンデー毎日に、クイズ番組のかなりしっかりした特集が載っています。クイズ番組の歴史とか歴代の司会者とか、QUIZJAPANみたいですが、この時期はどの週刊誌も埋め草にテレビの特集をする傾向にあります。AERAにも唐突なテレビ特集が出てるし。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。準優勝の松本深志には図書カード5000円分です。このチームは2年です。優勝の松本深志には副賞で東京ディズニーランドパスポートが贈られます。恒例の航空券型の全国大会出場巨大パネルが渡されます。

 そして特別枠の発表です。屋代です。なぜこのチームが選ばれたのかまったくわかりません。説明もありません。しかも発表のときに全然引っ張りません。この地区は役員のあいさつのたぐいが一切なく、15時過ぎに終了します。

 そういえば、決勝でわざと1回休みに止まる戦略ですが、1回休みを避けても避けなくてもゴールまでにかかる最低問題数は6問なので、それはそれで正しいことに気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

第10回エコ甲長野大会(その14)

 八王子のある建物に用事があって行ったら、自分の乗っているエレベーターが3階で止まりました。目の前に「とらのあな」が広がっています。それで思い出しましたが、ナナマルサンバツの特典つきの11巻をとらのあなで売ってるんじゃなかったっけ。見てみたら、まだかなりありました。秋葉原のゲーマーズの特典つきもたくさん残っています。ところで私は知りませんでしたが、アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ワンダーグーは、どのコミックにもそれぞれ同じ特典をつけさせているんですね。一方、先週名古屋に行ったところ、アニメイトにもゲーマーズにも11巻だけまったくありませんでした。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。表彰式です。アルクマが前に向かっていて、敗者のテーブルの上の荷物に引っかかって落とします。表彰のプレゼンターは副頭取です。

 ここで、初めて聞く発表があります。この大会の全敗者の中から銀行が特別枠を1チーム推薦します。全地区の特別枠の中から12月22日のニコニコ生放送で1チームを抽選して、そのチームが全国大会に出られるそうです。スーパーオリラジチャンスのようなものです。前回の札幌は地区大会の代表が決まらないのでこの説明がないのでした。

 3位のチームには図書カード3000円分が贈られます。副頭取とゆるキャラと一緒に写真を撮ります。2人とも1年で、副頭取が来年も来てくれるかなと言うと「いいとも」。この後、不透明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

第10回エコ甲長野大会(その13)

 こういうツイートが流れてきました。

――――(ここから)――――

てれびのスキマ/戸部田 誠 ‏@u5u
『QUIZ JAPAN』vol.5 の福澤朗インタビューがめっちゃくちゃ面白かった!クイズ問題の作り方、読み方といったマニアックなものから、テレビ史的にも重要な証言の数々も。「1991年の福澤朗」を書きたくなった! http://amzn.to/1Isp2kW

――――(ここまで)――――

 てれびのスキマといえば、テレビのマニアから、いつの間にかテレビや芸人の評論の文筆業で食っていけるようになった人ですね。そんなに評価しているのか。あのインタビューに出てくる、高校生クイズで一番命の危険を感じたという13回北陸の決勝の現場に私は行っています。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。5問目の正解はストックオプションです。1、2、3、4位が正解。5位は「オプションストック」、6位は「オプション」です。これで20、13、15、23、13、3です。3位は1回休みです。
 司会が4位に「次正解すれば優勝ですけど」と言いますが、4位が正解しても1位が正解したら優勝できないということをわかっていません。

 6問目、「ある企業が敵対的買収を仕掛けられたときに」。5チームのマスは5、5、2、5、3です。結果、ホワイトナイトを1位のみ正解。松本深志の混成が優勝しました。インタビューで男の方が「最後、ホワイトナイトというかっこいい答えで勝ててよかった」。この後、さらに新企画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

第10回エコ甲長野大会(その12)

 「フルタ家の不思議なテレビ」。アップダウンクイズの映像とか児玉清の「アタックチャンス」のところだけつなげたものとかクイズだらけでしたが、私が気になったのは、野中ともよがNHKでキャスターをやっていた映像です。今年もエコノミクス甲子園全国大会の終わりの方に来て、高校生にお世辞を言って帰るのでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の3問目、「最近の景気起爆剤として語られる」。全チーム5マスです。1位はここから5マス進むと1回休みになるにもかかわらずです。1位は、1回休みのハンデがあっても自分たちが優勝するぐらい圧倒的というようなことを言います。
 答えは今年有名になった言葉で、全チーム正解です。15、13、13、16、13、13です。「1回休み」の表示を初めて見ました。

 4問目、略称です。そこまで読まれていればほぼ答えが特定できますが、そのもの自体を知らないかもしれません。2、3、4位が3マス、5、6位が5マスです。正解したのは4、5位。これで15、10、10、21、18、8です。

 5問目、「主にベンチャー企業で見られる」です。1、3、5、6位が5マス、2位が3マス、4位が2マス。また5マス進むと1回休みになるのに5マスを選ぶチームが現れました。この後、わかってない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

第10回エコ甲長野大会(その11)

 「ミヤネ屋」で古舘伊知郎が報道ステーションを降板する話のところで、「どっちDOTCH!」の映像が使われていました。30年近く前に読売テレビ制作で放送されていたクイズ番組で、100人の一般人が二択で人数の多い方を選ぶと勝ち残るというものです(二択には敗者も参加するので、勝者だけだと人数が多い方が負けることもある)。しかしまったく視聴率が取れないので、単に100人にアンケートする番組に変わって、すぐに終わりました。ところでこれで覚えているのが、第1回の第1問が「タモリとたけし、先に消えるのはどっち」だったのですが(放送ではタモリが多数)、いまだにどちらも消えていません。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。決勝の1問目、「地方に生まれ育った人が」。札幌のときに書いたように、1問目は戦略上、5マスにする以外の選択肢はありません。しかし4位が3マスを選びます。これは簡単で全チーム正解です。
 2問目、「銀行が国際的な業務を行う際に求められる」。1位のみ5マスで他は3マスです。ここで司会が4位について「3マス進むとさらに3マス進めます。これが人生ゲームということです」。人生ゲームと言ってしまっているではないか。問題自体は簡単でしたが、まったく予想外の問題文でした。全チーム正解です。6チームのマスは10、8、8、9、8、8。ここで気づきましたが、この地区での解答ボードはホワイトボードではなく、クリップボードにたくさんの紙をはさんで、問題が終わるごとに1枚ずつ抜いていっています。この後、初めて見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

第10回エコ甲長野大会(その10)

 年末に注目すべきクイズ番組は、TBSの「クイズ☆正解は1年後」とテレビ東京の「IQヴィーナス~天才JK日本一決定戦~」だと思いますが、完全に同じ時間帯の裏番組なんですね。他にそんなに見るものがあるわけでもないのに何とかならんものか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。30分ほど休憩になります。休憩中にインディジョーンズの曲がかかって、次にロッキーの曲がかかります。
 人生設計クイズのルール説明です。司会が、耳をダンボにして聞けと言います。配られるすごろくの紙が、札幌ではカラーコピーだったのにここでは印刷されたものになっています。

 決勝進出チームの発表です。1位は松本深志の混成で113点。2位は松本深志の男子で103点。3位は松本深志の混成で92点。4位は松本深志の男子で92点。3位と4位は筆記クイズの近似値で決まっています。5位は屋代で90点。6位は上田で90点。ちなみに7位は松本深志、8位は屋代です。この後、言ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

第10回エコ甲長野大会(その9)

 「NEWSWEB」は、祝日の放送のときは原則として過去の出演者が代理で出るようになっています。明日は石川善樹が出るようです。この人、この春まで1年間、NHKのニュースに出演していたにもかかわらず、先日のネプリーグで大臣の名前を(総理大臣も含め)1人も答えられませんでした。東大医学部からハーバードに行った人でも、脳をしばらくそっち方面に使っていないとどんな簡単なことでも抜けていくというのがわかります。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。Eグループは佐久長聖、松本深志の混成、松本深志の混成、長野です。佐久長聖のチーム名はゲームからとったそうです。混成の2チームはどちらも女子にだけインタビューします。
 1問目、これを答えにすると定義が面倒で問題文にしにくい問題です。出題者が噛んだところで佐久長聖が押して正解。2問目は時事問題で松本深志が正解します。3問目はいろいろな意味で使われる経済用語です。この問題文だとこのことしか表さないように思います。松本深志のもう1チームが正解です。
 4問目、投資の問題で、松本深志の2問目を取った方が王手。5問目は保険の問題で、松本深志のもう1チームが追いつきます。この問題で正解が出るのは珍しい。6問目は国の組織で、このチームが逆転で勝ち抜けます。
 7問目は簡単な問題で佐久長聖が正解。8問目は「実質GDPと名目GDPのどちら」という二択なのに、早く押した松本深志が「GDP」とだけ答えて不正解になります。この後、ダンボ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

35回中部大会(その16)

 どうでもいいことですが、関西テレビではこの春まで「ネプリーグ」を日曜日の正午からやっていました。しかしネプリーグが同時ネットの枠に変わったので、日曜は4月からは特番の再放送枠ということになりました。ところが結局、大半の週がネプリーグの再放送です。関西ではネプリーグは日曜の昼に見るものというのが定着していたのでしょうか。

 それでは中部大会です。愛知の2問目、インターネットの問題で南山女子が正解。3問目は栄養素で瑞陵が正解します。4問目は日本地理の1位の問題で南山女子が間違えます。あまり出ない問題です。5問目はお笑い芸人の名前で旭丘が正解。6問目の正解は菊なのですが、問題文の流れから旭丘が「電照菊」と答えて正解になります。7問目、国際組織の略称で旭丘が決定。最後、旭丘は過呼吸になっている感じでした。

 18時ごろ終了しました。1問だけ読み直しています。その後で、「いくぞ、問題!」だけ場所を変えて両アナウンサーが収録し直しています。何かあったときにはさみ込んでごまかすための映像ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

第10回エコ甲長野大会(その8)

 先日書いたフランフランの自由の女神のオーナメントですが、店で実物を見ると、私が思っていたのの倍ぐらい大きい。あと、すべて手作りなので、自由の女神の表情が全部違っていて、中にはひどいのもあります。今、30%オフになっていますが、12月25日を過ぎると販売されなくなるのでしょうか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。Dグループは松本深志、松本秀峰中等、文化学園長野、屋代です。松本秀峰のチーム名はエストニア語で経済だそうです。屋代は参加したチームがすべて1年です。
 1問目、身近な生活の問題で松本秀峰が正解。2問目も生活で得する問題で松本深志が正解します。しかし3問目は生命保険に関する用語でスルー。保険は高校生は意識しないので、急に正答率が下がります。
 4問目、賃貸住宅の問題で松本深志が不正解。これも高校生だから意識しません。5問目は生活に関する組織名で松本秀峰が王手になります。6問目の正解はリーマンショックですが、松本秀峰が「サブプライムローン」と答えて不正解。7問目、生活に関する非常に簡単な問題で松本深志も王手。しかし8問目は2択で松本深志が間違えます。この後、噛む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

35回中部大会(その15)

 「つっこむクイズ ワンダース」を見ていたら、百田夏菜子に、視聴者に何か質問がないかというところで、「私は、NHKさんの仕事は今夜は仕事納めなので」。また生放送で炎上しそうなことを。

 それでは中部大会です。愛知は岡崎も旭丘も1年です。三重の2問目、芸能問題で津の混成が正解。3問目はキャラクターの名前で桜丘の男子が正解です。4問目は地理ですが、暁が押して答えられません。5問目、日本の画家で津の混成が王手です。
 愛知は各チームに「愛知県のクイズ研究会といえば」と聞いています。瑞陵は去年準決勝で負けたそうです。三重の6問目、国旗の問題で桜丘の男子も王手。愛知の1問目、「20年前、グランパスで監督」で五条が押して「ストイコビッチ」と答えて不正解。三重の7問目、食べ物の名前の語源で桜丘の男子が逆転勝利です。この後、過呼吸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

第10回エコ甲長野大会(その7)

 先日これを書きましたが、

――――(ここから)――――

 高専ロボコンの地区大会の全国放送が始まりましたが、初日の九州沖縄大会は、最初から最後まで対戦映像を延々と流すだけで、各ロボットの機能紹介が一切ありませんでした。地区によってチーム数が大きく異なるので、逆に北海道だったりすると尺を埋めるために余計なものばかり放送して話が進みません。

――――(ここまで)――――

 北海道大会では、負けたのは操縦者が大事なシルバーウィークに東京・京都・大阪に旅行していたからだと実況アナが指摘してその写真をわざわざ放送したり、裏方メンバーの日常生活のドキュメントなどがはさまったりしていました。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。5問目の正解は逆進性ですが、諏訪清陵が「累進課税」で不正解。6問目、二択で松本深志が正解します。これで終了です。

 Cグループは松本深志3チームと屋代です。松本深志には、クイズ研の部長と副部長が組んだチームがいます。2回目の出場だそうです。屋代の2人は名字が同じです。
 1問目、エコ甲で非常によく出る問題で松本深志クイ研が正解。2問目、「15歳以上で仕事」で同じチームが押しますが、「労働力人口」と答えて不正解。完全失業率でした。3問目、一般的にはかなり難しい単語だがエコ甲ではやたら出る問題で、屋代が正解します。4問目、年金に関する問題で、絶対に正解が出ないので今回は2択にしてきましたが、それでも松本深志の別のチームが間違えました。
 5問目、株取引の用語で松本深志のクイズ研が正解。6問目は労働に関する問題で屋代が正解します。7問目は権利に関する問題で屋代が正解して逆転で勝ち抜けです。この後、エストニア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

35回中部大会(その14)

 富士急行のフジサン特急の古い車両が2月7日で引退するそうです。20回高校生クイズの「特Qファイヤー号」に乗れるチャンスはあとわずかです。

 それでは中部大会です。クラーク記念国際は昨年は決勝に行けなかったと言っています。岐阜の1問目、東山動植物園のゴリラで岐阜が正解。2問目、県名を答える問題で岐阜のもう1チームが正解です。静岡の5問目、宇宙飛行士の問題で浜松西が決定しました。
 岐阜の3問目、芸能問題で関が正解。4問目は日本史でクラーク記念国際が正解します。5問目の正解はライン川ですが岐阜北の男子がドナウ川と答えて不正解。6問目は日本史で、岐阜の2問目を取った方が先に王手になります。しかし7問目は生物学で、岐阜のもう1チームも王手。岐阜の2チームはともに3年だそうです。8問目、動画サイトで拍手を表す数字はという問題で岐阜の後に王手になった方が逆転勝利です。

 平山アナの三重は桜丘の混成と男子、津の男子と混成、メリノール女子学院、暁です。桝アナの愛知は岡崎の女子、旭丘の混成、刈谷北、南山女子、瑞陵、五条です。三重の決勝の1問目、桜丘の混成が「高校生レストラン」と答えますが、そのモデルになった学校です。この後、クイズ研といえば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

第10回エコ甲長野大会(その6)

 今週のプレッシャーSTUDYのドボン問題で、今年初めて起きたことという問題がありました。その中で、「ネット広告費1兆円超え」というのが正解だったのですが、このとき映った新聞記事は今年のものですが見出しが「2014年のネット広告費」となっています。つまり、わかったのは今年であっても1兆円を超えたのは昨年なのだから、この問題はおかしいのではないか。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。Aグループの7問目は屋代が正解。8問目、前振りがあって、最後の「アメリカの基本通貨といえば」のところを一気にスピードを上げて読みます。屋代が正解して勝ち抜けました。

 Bグループは3チームです。この地区の抽選はAからEまですべて4つづつ入れてあって、どのグループが3チームになるのかわからないようです。松本深志、松本深志、諏訪清陵です。
 1問目、かなり簡単な問題で松本深志が正解。2問目は逆に、この問題文からよく正解が出たと思います。同じチームが連取します。3問目は金融商品の名前で松本深志が一気に勝ち抜けました。
 4問目の正解はデビットカードですが、松本深志のもう1チームがクレジットカードと答えて不正解。デビットカードも正解が出ない問題の代表です。名前だけで実生活に普及していませんからね。この後、クイ研。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

35回中部大会(その13)

 こんなニュースがありましたが、

――――(ここから)――――

毎日新聞・デジタル編集部 ‏@mainichijpedit
「市内の犬の登録数が9月末で2万6399頭。外国人は2万7028人と外国人が多くなっている」。埼玉県川口市の市議が犬の登録数と外国人市民の増加を比較する発言をし、市議会が不適切発言だと議事録とネット配信動画の一部を削除することに http://goo.gl/Pruasm

――――(ここまで)――――

 これを見ると、「おっ、数が近い。これは埼玉クイズ王決定戦の○×で出したい」とか思ってしまいます。

 それでは中部大会です。長野の12問目、日本の作家名で諏訪二葉が正解。13問目は語源の問題で伊那北も王手になります。14問目、いかにも雑学本に載っている英語の知識で、伊那北が逆転勝利です。学校名を呼ばれる前にウイニングアンサーを叫んでしまいます。

 平山アナの静岡は浜松西の2チーム、榛原の男子と女子、浜松東の女子、沼津です。桝アナの岐阜は岐阜の2チーム、岐阜北の男子と女子、関の女子、クラーク記念国際の混成です。
 静岡は各チームに自分で意気込みを言わせています。1問目、サッカー選手の問題で浜松西が正解。2問目は芸能問題で浜松西のもう1チームが正解します。ここで岐阜北の男子が美輪明宏のものまねをしているようです。静岡の3問目、ファッションの問題で榛原の女子が正解。4問目は映画化された小説で浜松西が正解します。この後、888888。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

第10回エコ甲長野大会(その5)

 先月こういうことを書きました。

――――(ここから)――――

 「クイズやさしいね」ですが、画面に「回答タイム」と表示されますが、このとき字幕放送では「解答タイム」と出ます。答えを出すクイズ番組では「解答」になるはずですが、この番組は正解を求めるのではなくやさしさを示すという意味で、敢えて「回答」にしているのだと思います。

――――(ここまで)――――

 先週の録画を見たら、「解答タイム終了」に変わっているではないか。それとともに、最も多く正解した人を優勝にしていました。今日のネプリーグで、クイズでは回答ではなく解答というのをやっていましたね。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。諏訪清陵のクイズ部は6人いるそうです。早押しをやっている間、2体のゆるキャラがずっと後ろに立っています。
 1問目、生活に関する問題で上田が正解します。しかし行員が風船をたたきまくって騒ぐのでよく聞こえません。2問目、国の組織名で同じチームが連取。3問目の正解は約款ですが、屋代が定款と答えて不正解。この約款も、何回出題しても正解が出ません。
 4問目、法律の名前で上田が勝ち抜けます。5問目は金融商品名で屋代が正解。6問目は二択です。諏訪清陵が正解するのですが、問題を読む人が、最後の「○○と○○どっち」というところだけ急にスピードを上げて読みます。これは相当研究しています。与野の書店の人みたいに、クイズマニアなのか? この後、さらに研究。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

35回中部大会(その12)

 先週の「ワイドナショー」の録画を見たら、クリスマス前に買うものが紹介されていましたが、フランフランでクリスマスツリーにつけるオーナメントを扱っています。今年はニューヨーク特集をやっているらしくて、

Ornament

 こんなのを売っています。これってクイズマニアがカバンとかにつけるマスコットとしても使えそう。

 それでは中部大会です。長野の5問目、医者について聞いたことのないフレーズが読まれます。松本深志が押して不正解。最後まで聞くと、夏目漱石の小説の書き出しでした。福井の9問目、漢字の簡単な問題で、藤島の男子が決定します。
 長野の6問目は生物で、伊那北が正解。7問目、日本近代史の用語ですが私は聞いたことがありません。スルーです。福井より長野の方が問題のレベルが高くなっています。
 8問目の正解はヒエラルキーですが、松本深志がカーストと答えて不正解。9問目は芸術作品で、上田が正解します。10問目、身近なものの名前を答えるいかにも雑学問題で、スルー。11問目は松本深志が「ロージンバッグ」と答えて不正解。化合物の名前を答える問題です。松本深志は早い段階で王手になったものの、よくわからないところで押して間違えるというのを繰り返しています。この後、重ならない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

第10回エコ甲長野大会(その4)

 来週の「マサカメTV」の予告を見ると、テーマが100円グッズで、「早押しクイズに役立つ100円グッズ」というのをやるそうです。有名クイズマニアの集まりと思われる映像が一瞬出て、手元のところだけ隠されています。おそらくあれでしょう。そしてスタジオでも出演者が早押しをやっているのですが、エコノミクス甲子園で借りているのと同じ機材です。NHKには自前の早押し機が常備されていないのか?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。昨年の報告書が自由に取れるようになっています。全参加校が載っていて、全国大会についてはすべてのクイズの内容が書いてあります。地区によってスタッフの文章量が全然違います。昨年諏訪清陵が全国大会の準決勝まで残った報告書と書いてあるのに、長野大会のスタッフの記述が最も少ない。

 午後から客席に行員が入って、棒状の風船をたたきます。観客も増えました。第2ラウンドです。第1ラウンド終了時点の6位と7位の差は2点と発表します。ルール説明で、3問正解で勝ち抜けとなりますと読み上げます。しかし画面表示の方は勝ち抜けの説明がなく勝ち抜けという用語が使われているのはそのままです。

 Aグループは諏訪清陵、上田、上田、屋代です。男の司会が今さら「佐藤健似の佐藤です」と自己紹介します。この後、読み方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

35回中部大会(その11)

 ABCラジオの「武田和歌子のぴたっと。」の金曜日にゲストコーナーがあって、同じ人が1カ月連続で出るのですが、今月が村井美樹だとわかりました。そして過去の放送も聞けます。前回のを聞いてみたところ、学力王で優勝したのは放送されるまでドッキリだと疑っていたそうです。あと、漢検1級のために勉強したことはすっかり忘れているということです。

 それでは中部大会です。福井の3問目、シネコンのコンで藤島のもう一方の女子が「コンサート」と答えて不正解。ここで諏訪二葉には2000年生まれがいると桝アナが驚いている声が聞こえます。4問目、種類を並べる問題で、藤島の1ポイントの女子が正解。5問目は熟語の読みで、藤島の男子が正解します。
 長野の1問目は長野県に関係ある生物で松本深志が正解。福井の6問目は童謡の歌詞で、藤島のさっき間違えた女子が正解します。長野の2問目は語源から植物を答える問題で諏訪二葉が不正解。長野の3問目、語源から県名を答える問題で松本深志が正解です。
 福井の7問目、漢字の画数で藤島のまだ答えていなかった男子が正解。長野の4問目、ボーイスカウトについてです。あまりクイズでは見かけません。スルーです。福井の8問目は英語で、藤島の先に答えた男子が王手になります。この後、差がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

第10回エコ甲長野大会(その3)

 高専ロボコンの地区大会でのルール説明のCGは同じものが配布されているにもかかわらず、地区によってナレーションで言っていることが違います。これは毎年のことです。今回、近畿大会でだけ、それまでの3地区では一切言っていない重要なルールが説明されていました。その場面がその地区では出なかったからといって省略できるようなものではないと思いますが。それを知らなければ視聴者も戦略を考えられないではないか。そういえば、エコノミクス甲子園の早押しのルール説明が不十分であることを書きましたが、ウィキペディアのエコノミクス甲子園の項目(おそらく関係者が書いている)を見ると、早押しは2チームが3ポイントになった時点で終了と書いてあります。そのルール、すっかり忘れていました。最近まったく言っていないが、それは今でも有効なのか?

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。筆記が残り1分になるとサイレンみたいな音が鳴ります。終わって食事の前に組み合わせ抽選です。新聞記者が高校生に取材しています。
 弁当が出ますが、観客には弁当がないといった告知すらありません。食事のために出ていったら戻れるのかもわかりません。食事中はまた別のBGMです。筆記の問題は札幌のときから一部変わっています。選択肢が「基軸通貨はジンバブエ・ドルである」みたいな非常に簡単な問題の中に、急に難しい問題が交じります。21問目は問題文が異常に長くて、大きなモニターに表示されるのに近づいても読めません。

 ロビーに出たら、pepper(ソフトバンクのロボットの)がいます。この銀行が買っていたのです。クイズを出します。また、写真を撮るモードを選ぶと、「キックのポーズ」をやります。ゴールキックの前にお尻を突き出して、人差し指を立てた両手を組む形です。この後、修正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

35回中部大会(その10)

 パズル雑誌が懸賞の賞品をちゃんと送っていなかった問題で、消費者庁の会見が、前にパズル誌をズラリと並べていて、まるで出版社の宣伝みたいでした。ところで私は、秋田書店の問題が発覚する前の2010年にパズル誌の大手の出版社の社長から、どの社も同じことをやっているというのを聞いたことがあります。

 それでは中部大会です。三択の14問目、ここまでくると、極めて基本的な問題ばかり出ます。しかし福井の男子は一方が間違えて最後の1チームが決定します。長野の女子は両方正解です。
 桝アナは舞台から降りています。15問目、テレビ番組に関する問題ですが、これは古すぎて普通の高校生にはわかりません。これで長野の女子が決定しました。

 2カ所の早押し台が近畿のときよりかなり離れています。平山アナの福井は藤島が男子2チーム女子2チーム、武生東の女子と高志です。桝アナの長野は上田の男子と混成、伊那北の女子、屋代の女子、諏訪二葉、松本深志です。上田はともに2年のクイズ研です。
 福井の1問目、漫画のタイトルで高志が正解。2問目は食べ物に関する有名な雑学で藤島の女子が正解します。この後、若い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

第10回エコ甲長野大会(その2)

 喜多嶋舞が引退すると、「相棒」の「クイズ王」が再放送しにくくなるように思います。再放送しても、イメージの悪さで、いかにも「あの人が犯人」という感じになるかもしれませんが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。開会宣言をするのは人事部長です。ニューヨークへ行きたいかをやります。最後に「Do your best」と言って去ります。長野県教育委員会と長野県経済研究所が後援しているそうです。

 チーム紹介です。松本深志が8チーム、屋代が3チーム、諏訪清陵が2チーム、上田が2チーム。他に佐久長聖、松本秀峰中等教育、長野、文化学園長野です。長野西が欠席であることも言います。チーム名のプレートにブックエンドを刺して立てています。

 筆記のルール説明のときにBGMが流れます。司会が「皆さんよろしいでしょうか」と言うと、屋代が「問題用紙がありません」。こういうのを見たのは初めてです。
 筆記の解答中にもBGMが流れます。邪魔しないようにピアノ曲になっています。この後、初めて実物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

35回中部大会(その9)

 今週から高専ロボコンの地区大会の全国放送が始まりましたが、初日の九州沖縄大会は、最初から最後まで対戦映像を延々と流すだけで、各ロボットの機能紹介が一切ありませんでした。この編集は見たことがありません。地区によってチーム数が大きく異なるので、逆に北海道だったりすると尺を埋めるために余計なものばかり放送して話が進みません。高専ロボコンもhuluで流した方がいいのか?

 それでは中部大会です。三択の10問目、日本国憲法に関する問題です。長野の男子の1チームが決定、愛知の女子も2チーム決定、静岡の女子も2チーム決定、長野の女子は残り1枠で2チームが5ポイントです。長野の昨年アメリカに行ったチームは敗退しました。

 11問目、突如EXILEの問題です。もうほとんど決まったので芸能を出してきたか。長野の女子は両方不正解。福井の女子が2チーム決定します。この時点で残っているのは、長野の女子の同点決勝と、福井の男子が残り2枠で4ポイントが1チーム、3ポイントが2チームです。

 12問目、語源の問題で、クイズにはよく出ます。全チーム不正解。ついに桝アナが舞台に座ります。13問目、日本史でこれは簡単です。全チーム正解。これで福井の男子は1チームが決まりました。この後、降りる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

第10回エコ甲長野大会(その1)

 「林先生が驚く初耳学!」などを見ていると、林修が科学について語るのは、ほぼ高校までで習うことと、最近の「ためしてガッテン」などの番組でやったようなことです。「ATP、つまりアデノシン三リン酸です」などと言いますが、実際の生物の研究者は普段アデノシン三リン酸などと言っていないと思います。いかにも受験用語です。実は多くの人が習っているが忘れている、あるいは最初から覚える気がなかったことを言うことで「林先生は科学にもあんなに詳しいのか」となるわけです。ちょうど、3年前までの高校生クイズと構造が似ています。高校1年の物理の公式をあてはめるだけのものに「これは大学生でも答えられませんよ」というあおりを入れたり。

 さて、12月6日のエコノミクス甲子園は、入れるにもかかわらずなかなか行く機会のなかった長野大会です。松本方面から列車に乗って行きましたが、車内で問題集のようなものを読んでいる高校生の2人組をいくつか見かけました。エコ甲で参加者を電車で見るのは初めてです。
 会場は長野駅からすぐの、八十二銀行の別館です。今日は他の趣味の集まりもあるようです。エコノミクス甲子園と言うと、4階のAV研修室というところに連れて行かれます。ずっと、サッカーが始まるような曲がかかっています。会場にゆるキャラが2体入ってきます、アルクマと、八十二銀行のキャラクターです。
 司会は八十二銀行の今井支店と広丘支店の人です。司会の行員が支店を言うのは初めてではないでしょうか。ちゃんと長野と松本付近の支店員をそろえてバランスをとっているのか。この後、変な英語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

スキマなウルトラ話(その4)

 「久保みねヒャダこじらせナイト」でウルトラクイズの第2弾があるのをすっかり忘れていましたが、フジテレビオンデマンドで無料配信されるので助かります。今回も本当にただ早押しクイズをするだけでした。

 それではリミックスZです。ここで曲がかかります。どこかで聞いたことがあるのですが、よくわかりません。しかし途中の歌詞に「○か×か」と出てきます。AAAの「Q」でした。高校生クイズの応援ソングです。

 罰ゲームで、ボートがパラグアイに流されて国境警備隊にスタッフTシャツを渡した話をします。あと、ヘリコプターから問題を出すときに、当然窓もすべて開いた状態で、ウインドスクリーンが飛んでいって、自分もあのようになるのかと思ったが、スタッフからはウインドスクリーンは数がないんだからといって怒られたといいます。ウインドスクリーンの説明がないのですが、マイクにかぶせるスポンジですね。CBCの「ノブナガ」の「お土産駅伝」でよくなくして怒られていたやつ。

 この番組はドキュメンタリーなので、挑戦者が追い詰められた状況で最大限の力を発揮するというので、一番おもしろい場面で余計なインタビューをしたりするなということを言われていたそうです。挑戦者には構成作家が取材して、腹の具合が悪かったりすると、本番で福留がそこを集中的にいじってから「問題」と言います。
 この番組のADは小倉の江戸川大学のゼミの卒業生だそうです。だいたい聞いたことのある話でしたが、他のスタッフが話してるのと微妙に違うところがあります。今回は国境警備隊に帽子を渡していないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

スキマなウルトラ話(その3)

 今月のナナマルサンバツで、早押しクイズを2カ所で同時に行って、両方を見ることができないという描写がありますが、これって実際にあの会場で行われる別の高校生のクイズ大会のパロディーだろうか。

 それではリミックスZです。ウルトラクイズの後編です。問題は毎回1万問用意して、ジュラルミンケースに入れて鍵をかけて、それをチーフ構成作家と手錠でつないでいたそうです。これだけあってもある回ではあまりに決まらなくて問題が涸渇して(いつのどことは言っていないが、いうまでもない)、収録しながら裏で問題を作っていたことがあるそうです。
 4月から毎週2回の問題会議があって、毎回ディレクターは20~30問、それ以外のスタッフは10問提出します。そして茶碗をたたきながら問題を発表していきます。すると「その問題は8回のサンフランシスコの6問目で出た」などと指摘するスタッフが必ずいるそうです。

 アラスカ鉄道で、黄色いハットが立たない話をします。そこからウルトラハットの実物が出てきます。このために日本テレビから借りたようです。素材は鉄です。女性だと?が立ち上がる勢いで頭が前に傾くそうです。山田五郎が「こんなデカいモーターが必要か?」。当時の技術ではそうなるということです。すべて金属製なのは、たたけば形が戻るからだそうです。この後、意外な曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

35回中部大会(その8)

 本日のニュースといえば、東大寺の大仏の頭のぶつぶつが966個といわれていたのに492個だったことがわかったというものです。私はこれ、文化祭のクイズで出したことがあります。学問の進歩により事実が変わる問題の典型です。しばらくクイズ番組ではやりそう。

 それでは中部大会です。三択の7問目、世界地理と英語の問題です。ここまでよりはやや難易度は低い。愛知の女子は1チームだけ間違えます。三重が男子1チーム女子2チーム決定。静岡の男子1チーム、長野の男子2チーム、岐阜の男子2チーム女子3チームが決定です。
 8問目、前回の東京オリンピックの記録の問題。確かにあまり報道されません。こういう、今の50代以上向けの問題もクイズ研的です。愛知の女子はまた1チーム失格。福井の男子1チームと長野の女子2チーが決定。長野の男子は残り1枠で3チームが5ポイントです。

 福井の1ポイントのチームに、まだチャンスがあるといいます。おそらく福井は1チームぐらいしか落ちないのでしょうから今からでも逆転があり得ます。
 9問目、日本文学の問題で、ようやく学校で習うくらいのレベルになります。長野は全チーム不正解。愛知の女子はまた1チーム間違えます。静岡の男子2チーム決定。この後、座る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

35回中部大会(その7)

 関西テレビ「よ~いドン!」の「となりの人間国宝さん」で、この前NHKにも出て、銭形平次のジェスチャーをやったという人が出てきました。その場でやらせていましたが、スタジオでは、一般人がNHKで銭形平次のジェスチャーなんて何の番組だろうと言っていました。それは「伝えてピカッチ」の「出張なりきりピカッチ」だと思います。

 それでは中部大会です。三択の4問目、画家の名前を答えるものですが、作品名がマイナーです。クイズ研用にレベルが上がっています。この時点で全問不正解が7チームいます。5問目、動物に関する問題ですが、世界地理が出てきて、考えたことのない視点です。これも完全にクイズ研向け問題です。
 勝ち抜けたのは静岡の女子1チーム、岐阜の男子1チーム、三重の男子2チーム女子1チーム、愛知の男子3チーム、そして愛知の女子は9チームが5ポイントになりました。ちなみに全問不正解は1チーム。長野の去年アメリカに行ったチームはまだ1ポイントです。

 6問目、シャネルについて。これも普通は高校生クイズで出そうにない問題です。出題傾向が変です。愛知の女子が1チーム勝ち抜けます。三重の男子が3チーム、福井の女子が1チーム。これで全問不正解がなくなりました。この後、古い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

35回中部大会(その6)

 FM群馬の「ユウガチャ!」は、能町みね子が出る日は毎回のようにクイズの企画があります。本日はナナマルサンバツの人が電話出演していました。能町は高校でクイズ研に所属していたというのを初めて聞きました。しかしもっと初耳だったのは、他の対決する漫画のように、相手の強さや問題がインフレ化していくので、それを抑えるように意識しているそうです。ちょっと前までの高校生クイズのようにはしないということかな。

 それでは中部大会です。ライオンのブースの説明があります。これはここまでの予選にはありませんでした。ライオン歯科衛生研究所の人がいて、歯ぐきのチェックアプリや自分に合わせたデンタルフロスが作れたり、ガリガリ君味の歯みがきも体験できます。
 休憩時間中に隣の名古屋市科学館の方に行ってみたら、桝アナらがタクシーで帰るトータルテンボスを送り出していました。

 準決勝です。北九州大会では実現しませんでしたが、今度こそ史上初の同一大会で同じ色ののぼりが2県というのが発生しました。福井も決勝進出チーム数より多くいたということです。
 1問目、月にある山の問題です。3年前までの全国大会で出そうなネタです。クイズ研が多そうな地区はこういう問題が出ます。正解がかなり多い。2問目は近代の研究者に関する問題で、ここまでクイズ研特化の出題は珍しい。一般人は問題の前提条件がわからないでしょう。
 3問目、一転して水樹奈々についての問題です。変な歓声が上がります。この後、かなり違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

35回中部大会(その5)

 「今夜も生でさだまさし」を見たら、井上知幸は中学生のときに「クイズグランプリ」に同姓同名の人が出ていたら、電話がじゃんじゃんかかってきたそうです。電話をかけられるような人なら別人だとわかると思うのだが。当時はクイズ番組に出るだけでそんなに世間の反応があったんでしょうね。さだが「井上知幸会にすれば」。それって直前の番組で田中宏和会を見たな。

 それでは中部大会です。愛知以外の全部の県を呼びます。敗者復活戦は愛知だけか。いつの間にか決勝の2カ所目のセットが設置されています。
 敗者復活戦です。スマホを持っていないのは3チームか。ボーダーラインは25点。敗者は30チームぐらいです。

 トータルテンボスのライブがあって、抽選会です。ここからボイメンも加わります。キレイキレイセットが6チームですが、いきなり該当者が2チームいません。暑くて帰ってるか。スタッフTシャツは10チームも当たります。しかし10チーム引いた後に「あと1チームです」と言ってしまったので、もう1チーム追加になります。
 他地区に比べて該当者なしが圧倒的に多い。トータルテンボスのDVDが1チーム、ゴールデンボンバーのグッズが3チームで、抽選ではなくジャンケンです。トータルテンボスが「営業のときにジャンケンやると子どもが勝ち残るのは、ジャンケンに強いんですか」「ズルしてるだけですよ」。この後、独自テント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »