« 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その5) | トップページ | 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その7) »

2015年11月14日 (土)

第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その6)

 こういうネットニュースが出ていましたが、

――――(ここから)――――

エド・はるみ、慶應大大学院に合格 来春から『笑顔で学ぶ“人財育成プログラム作り”』を研究
2015年11月12日(木)23時57分配信 ORICON STYLE
 お笑い芸人のエド・はるみが12日、自身のブログを更新。慶應義塾大学大学院の修士課程に合格し、来年春から同大学院に通うことを報告した。
(中略)
 大学院への進学は以前から目標の一つだったというエドは「いつかもう一度しっかりと勉強し直したいと考えていました」とつづり「そうした中でこちらの研究科の存在を知り大変心魅かれ、準備を重ねながらこの秋、受験するに至りました」と、これまでの道のりを明かした。
(中略)
 「商品の開発も大事 イノベーションも魅力的」とした上で、今後の研究課題について「今一度その『こころ』の部分に焦点を当てた、新しい企業研修プログラムを研究して それが笑顔で広がって行く活動をして行きたい」とした。

――――(ここまで)――――

 こういう記事を読むと「狙いはクイズ番組か?」と邪推してしまいます。別にクイズ番組狙いでもまったく構わないのですが。

 それでは、関係者の方ですか、関係者の方ですか、エコノミクス甲子園です。Aグループの8問目、一転して非常に簡単な問題で、札幌南のもう1チームも3問正解になります。
 Bグループは、札幌南、札幌新川、札幌国際情報、千歳です。1問目、通貨単位の問題で札幌南が正解。2問目、普通のクイズでは出ない悪い話で、札幌南が連取。3問目、銀行の業務についての問題で札幌新川が正解します。これはなかなか正解が出ないと思います。4問目は組織名の問題で結構難しいが、札幌国際情報が正解します。このグループは優秀です。5問目、株式に関する問題で札幌南が正解して勝ち抜けです。
 6問目は年金に関する問題で、正解が出たためしがありませんが、今回は2択です。しかし千歳が間違えます。この予選では、勝ち抜けチームも1回休みチームも後ろに下がって壁に背中をつけることがわかりました。7問目、資産形成のよく出る問題で札幌新川が正解。8問目、「一括払いの支払いは何回?」という、当たり前すぎて今までどこでも出ていない斬新な問題で、札幌新川が3問正解になりました。この後、光ってる。

|

« 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その5) | トップページ | 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62672814

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その6):

« 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その5) | トップページ | 第10回エコ甲石狩空知後志日高胆振大会(その7) »