« 書店でクイズ(その1) | トップページ | 書店でクイズ(その3) »

2015年11月 2日 (月)

書店でクイズ(その2)

 朝日放送の「なるみ・岡村の過ぎるTV」で、「クイズマニアの飲み会は豆知識が飛び交い過ぎるという噂」というのが放送されていました。味園クイズ研究会の飲み会に隠しカメラを設置して、参加者がうんちくを言ったり問題を出したりするかを検証するものです。結果、3時間で61個の豆知識が出たといいますが、考えてみたら飲み会でああいう話が出るのは当たり前という気もします。

 それでは書楽です。1階の中央部、クイズ本のコーナーの隣がおそらく棚が1つ撤去されていて、ここが決勝の会場になるそうです。そこまでのクイズはどこでやるのかと探したら、張り紙を発見しました。決勝以外は3階のギャラリー書楽というところでやって、ペーパークイズの段階から見るのは自由だったようです。案内表示に従って階段を上っていきます。

 3階に着くと、エレベーターホールの横のシャッターが閉まっています。しかしクイズを見る人は通用口をくぐっていいそうです。中に入ると、そこには売り場の廃墟が広がっているではないか! この書店は4月から3階を閉鎖していたのです。3階があってこその品ぞろえだったのに、なんか並の書店になってしまっていました。しかしビルの外のネオンサインは、今でも「3階」と表示したままです。
 棚には「斎藤一人」といった表示が残っています。そういうジャンルがはやっていた時代がありました。ギャラリー書楽は3階にあるので、今回に限り開けているのです。

 参加者は40人ほどです。ペーパークイズは70問を20分であることが分かりました。問題はすべて書籍に関するものです。司会をやっている書店員が1人で作ったようです。この後、乱数。

|

« 書店でクイズ(その1) | トップページ | 書店でクイズ(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62596640

この記事へのトラックバック一覧です: 書店でクイズ(その2):

« 書店でクイズ(その1) | トップページ | 書店でクイズ(その3) »