« 35回近畿大会(その16) | トップページ | 35回近畿大会(その18) »

2015年10月28日 (水)

35回近畿大会(その17)

 ジュンク堂書店のイベントについて調べていたら、大阪本店で「雑学・クイズフェア」というのがあったことを知りました。9月から10月上旬までです。しまった。気づきませんでした。「ひとりでもみんなでも楽しめる雑学やクイズ、脱出ゲームや人狼の本を集めました。これを機に挑戦してみてください」とあって、小さい写真ですが、どうやらナナマルサンバツやQUIZJAPAN全書があるのが確認できます。このイベントは、ネトウヨから「QUIZJAPAN全書を置くな」とかいう抗議が殺到して撤去したといったことはなかったのでしょうか。

 それでは近畿大会です。近畿は6府県なので、決勝は桝アナと増井アナが3県ずつということになります。番組的に考えれば、桝アナが担当するのは奈良と兵庫と、昨年優勝のいる京都でしょう。ところが、増井アナの方がもう片付けに入っています。やはり大阪はどうしても桝アナにやらせないといけないということで、4県と2県になっているのです。昨年の謎解きクイズで解答席が県によって分かれた場合もそうですが、その地区で最も人口の多い県は必ず日本テレビ側のアナウンサーが担当します。地元のアナウンサーの方がそこに住んでるんだからいいのではないか。

 兵庫の決勝は、関西学院の混成、神戸海星女子学院、灘の2チーム、淳心学院、神大附属中等教育の女子です。関学は2年と1年、灘は3年のチームと2年のチーム。海星は2年、淳心はクイズ同好会の1年です。関学と灘の3年は全員、名前に「大」がつきます。この後、セナ。

|

« 35回近畿大会(その16) | トップページ | 35回近畿大会(その18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62563294

この記事へのトラックバック一覧です: 35回近畿大会(その17):

« 35回近畿大会(その16) | トップページ | 35回近畿大会(その18) »