« 35回四国岡山大会(その13) | トップページ | 35回近畿大会(その2) »

2015年10月12日 (月)

35回近畿大会(その1)

 土曜日の深夜にフジテレビで「見れば賢くなる超難問クイズ わかる解っ!!」というのをやっていました。普通のクイズ番組では難しすぎてボツになる問題ということでしたが、単にその聞き方では解答が導きにくいというだけで、メディアでよく取り上げられる雑学には変わりありません。袖ビームが何のことであるか正解したやくみつるが、JAF Mateに20年連載してるから自動車交通に関係する用語はどんどん入ってくると言っていたのですが、それで思い出したのが、雑誌「冤罪File」にやくの連載があります。これが毎回ちゃんと、冤罪とかいかに日本の検察が許せないかといったネタで漫画を描いているのです。媒体の要望に何でも応えるのがプロの漫画家かと思いました。

 それでは7月23日の近畿大会です。参加者の減っている高校生クイズは、少しでも出やすくするために、補修や部活の後にでも出られるよう、開始時刻が13時になっていますが、近畿だけは午前中のスタートが続いていました。それが今年はついに、近畿も13時になりました。
 会場は今年も服部緑地の陸上競技場です。しかしいつもと違うところがあります。例年は、トラックの南の端に門があって、そこが受付で、見学者もそこから観客席に入りました。ところが今回はその門が閉まっているのです。受付は、競技場の西側に回った管理事務所のところになっています。もしかして近畿はついに、18回以降の西武ドームのように参加者以外の排除に動いたのか。
 そのうち、参加者の父兄は入れるとかいううわさが流れてきました。エコノミクス甲子園かよ。しかし実際は、管理事務所の横の開いている扉から入っても、係員に何も言われませんでした。単に観客席の入口を変えただけでした。この後、さらに変更。

|

« 35回四国岡山大会(その13) | トップページ | 35回近畿大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62457245

この記事へのトラックバック一覧です: 35回近畿大会(その1):

« 35回四国岡山大会(その13) | トップページ | 35回近畿大会(その2) »