« 公式が発表 | トップページ | 35回中国大会(その1) »

2015年9月15日 (火)

クールダウンする文章

 当ブログのアクセス数も次第に元に戻ってきたのですが、まだ通常の話を書くほどではありません。だんだん内容を薄めていって軟着陸を図っています。テレビ新潟での地区大会の放送のときに、テレビ番組表サイトに載っていた紹介文です。

――――(ここから)――――

「全国高等学校クイズ選手権」。人気の○×クイズや三択クイズなど高校生たちは知恵を振り絞り、チームワークで難問に挑む!
番組内容
高校生の知力を競うクイズの甲子園「全国高等学校クイズ選手権」。全国大会へ出場する各県の代表を決める地区大会は、7月に新潟県で行われた「北陸・新潟大会」を皮きりにスタート! 今回も高校生たちは2人1組で参加! おなじみの○×クイズや三択クイズのほか、今年はあるモノを使った新クイズも登場!立ちはだかる数々の難問を前に高校生たちは知恵を振り絞り、チームワークで難問に挑む! 全国大会へ勝ち進むのは、はたしてどの高校か? そして、応援パーソナリティーとして人気お笑い芸人「ザブングル」のふたりも登場!爆笑必至のギャグも飛び出し、大会を盛り上げる! 高校生が挑むクイズの夏!汗と涙と笑顔、白熱のバトルをお見逃しなく!

――――(ここまで)――――

 これがわずか15分の番組の内容とは。そういえば全国大会の1回戦も、各地で勝ち残った60チームを集めて15分でした。以前は、全国大会の目玉はむしろ1回戦だったはずですが、いつの間に、数チームをクローズアップするためにおざなりにやるラウンドになったのでしょうか。今はアメリカに行くこと自体が目的になっているのでそういう感じですが、いつまでもアメリカというわけにはいかないと思うので、また番組方針を変えるときは、「高校生120人が○○体験」みたいな宣伝になるでしょう。

 huluでの配信は、関東大会が手を抜いている一方で、同じ日にアップされた近畿と中部は充実しています。近畿では芸人のライブもほぼノーカットだし、決勝の前のインタビューのおもしろいところをきっちり使っています。中部はBGMが他の地区と違っています。あと、決勝のもう1人のアナウンサーが何回も映ります。なんで地区によって、できる番組に差があるのでしょうか。最初の方は力を入れるつもりがなかったのが、途中でテレビ屋魂が湧いてきて編集に手間をかけるようになってきたように見えます。そういえば、関東の番組でさえ放送されなかった関東の三択の映像が、全国放送で使われていましたね。あと、関東で玉転がしをする映像も全国放送だけ使われていました。そして北陸はいつ配信されるのでしょうか。

|

« 公式が発表 | トップページ | 35回中国大会(その1) »

コメント

地方局の担当がそれぞれで制作してるからじゃないですか?・・で、日テレの担当は全国で頭がいっぱいだったんじゃないですか?そもそも日テレは関東の地方局って自覚がまるでないみたいですし・・。地元愛なんて言葉聞いた事ないですし・・。
 にしても、これだけ大掛かりの事を2時間ちょっとの1回に詰め込んじゃって、ほんともったいない・・。金曜ロードshow!で見飽きた映画を繰り返し垂れ流し、あげくに低視聴率しか稼げないんだったらなぜ3~4回にわけて放送しないんだろ??1ヶ月まるまる高校生クイズ!!って事にすれば、あの高校野球にも勝てる素材なのに・・。そんなにライオンさんの一社提供が欲しいんだろうか???

投稿: にってれファン | 2015年9月16日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62287498

この記事へのトラックバック一覧です: クールダウンする文章:

« 公式が発表 | トップページ | 35回中国大会(その1) »