« 35回中国大会(その11) | トップページ | 35回四国岡山大会(その1) »

2015年9月28日 (月)

35回中国大会(その12)

 今夜フジテレビで「THEプッシュマン」という番組をやっていましたが、娘たちと父親の距離を縮めたいというので、家の中でクイズをやります。娘に関する問題に父が答えるのですが、問題を読むたびに、ウルトラクイズの○×のときのあのアタック音がかかります。またスタッフにクイズマニアがいるのか。スタッフロールを見てもよくわかりませんでした。

 それでは中国大会です。広島の決勝は、広島大附属が2チーム、進徳女子が2チーム、修道と海田の女子です。
 1問目、「ヤンキースから広島東洋」で広島大附属が黒田を正解しますが、いくらご当地問題とはいえ簡単すぎないか。2問目、ポロロッカがある川を答える問題です。これはクイズマニア寄り。しかし修道が「ミシシッピ川」と答えます。3問目、動物に関するベタ問で広島大附属のもう1チームが正解。4問目、日本神話で、広島大附属の最初のチームが正解します。
 5問目、「しりとりで、高校生とクイズの間に入る中東の国は」というので、3つの国名を挙げてもう1つです。正式名称が「国」で終わる国が多いので、これは問題として無理がないか? 進徳女子が正解しますが、山本アナが「僕が噛んだ時点でこの問題はごめんなさい」。
 6問目の正解は棟方志功。南九州の寺山修司と同様のパターンですが、スルーです。7問目、体の部分の問題で、広島大附属が決定しました。「唯一の弱点」と「ギリシャ」でわかったと言います。この県だけ終わってから各チームにインタビューしています。

 問題の読み直しの打ち合わせに時間がかかっています。問題カードを全部めくっています。読み直したのはアフリカの角としりとりで、どちらもあの地域の国名です。

|

« 35回中国大会(その11) | トップページ | 35回四国岡山大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62367247

この記事へのトラックバック一覧です: 35回中国大会(その12):

« 35回中国大会(その11) | トップページ | 35回四国岡山大会(その1) »