« 35回中国大会(その4) | トップページ | 35回中国大会(その6) »

2015年9月21日 (月)

35回中国大会(その5)

 平成教育委員会を見ましたが、WHOは単に早押しで負けただけで、高橋真麻が答えられなかったのはもっと違うことだったのがわかりました。そして最後まで抜けられなかったわけではなく、少しは肉を食べられたことも判明しました。人間の記憶はあいまいです。それよりも、同じチームの武井壮が、裏のビフォーアフターにも出ていて2時間まるまるかぶっている方が気になりました。おそらくビフォーアフターは、急に野球中継が入った関係で、もともと予定していなかった回が放送されたのではないか。

 それでは中国大会です。三択の1問目、「昨日レッズの無敗をストップさせたサンフレッチェ」というフリで始まって、ワールドカップの問題です。クイズではかなりの定番です。2問目、文学作品の書き出しで、これも相当な定番。3問目、三代目J Soul Brothersの問題です。不正解の選択肢は初代と二代目です。4問目は数学の基本的な問題。圧倒的に正解です。ここで雨が止みます。
 5問目は動物の名前の語源。これで広島の男子はちょうど決定。広島の女子は全問正解が5チームいます。そして山口の男子が1チーム決定。

 6問目、太陽系の問題で、クイズにはよく出ます。広島の女子が2チーム正解、山口はこれで一気に全部決まります。7問目、駅名の問題で、鳥取の男子が1チーム決定。広島の女子は全チーム不正解です。8問目、ASEANの問題で、広島の女子は全チーム不正解。9問目、科学者の問題ですが、急に難しくなります。広島の女子は3つに分かれて、ようやく決定しました。そして島根の男子と女子が1チームずつ決定です。この後、そんなクイズ本。

|

« 35回中国大会(その4) | トップページ | 35回中国大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62321411

この記事へのトラックバック一覧です: 35回中国大会(その5):

« 35回中国大会(その4) | トップページ | 35回中国大会(その6) »