« 35回中国大会(その9) | トップページ | 35回中国大会(その11) »

2015年9月26日 (土)

35回中国大会(その10)

 「一声入魂!アニメ声優塾」で、古川登志夫が、セリフを言うために必要なことを教えるといいます。同じ「この本をあなたに貸してあげる」という文章でも、状況によって、「この本」にアクセントを置く場合と「あなた」にアクセントを置く場合と「貸してあげる」にアクセントを置く場合がある。それを考えなければならない。これを卓立法というそうです。これって、パラレル問題のときの例のあれと同じではないか。クイズ界でも卓立法と言えばいいのではないか。

 それでは中国大会です。島根の決勝。益田の女子チームと男子チームが、リーダーの名字が同じです。きょうだいでした。兄が3年、妹が1年です。他に益田翔陽、松江北、出雲、出雲西の女子です。
 1問目、ゆるキャラの問題で益田の兄が正解。2問目も簡単な言葉の問題で、益田の兄が連取します。例によって島根は問題のレベルを下げているか。3問目の正解はサハラ砂漠ですが、益田の妹がゴビ砂漠と答えます。4問目、広島出身の歌手で出雲が正解。5問目「本州で最も長い川は信濃」で益田翔陽が押して「利根川」と答えて不正解。「北海道で一番長い川は」でした。卓立法を知っておくべきでしょう。この後、髪型。

|

« 35回中国大会(その9) | トップページ | 35回中国大会(その11) »

コメント

 卓立法は、英語の学習では昔から有名ですね。同じ質問でも、聞き返された時は「あなた(you)」にアクセントを置くとか。

投稿: にっしー | 2015年9月27日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62353949

この記事へのトラックバック一覧です: 35回中国大会(その10):

« 35回中国大会(その9) | トップページ | 35回中国大会(その11) »