« 35回北九州沖縄大会(その9) | トップページ | 35回北九州沖縄大会(その11) »

2015年8月23日 (日)

35回北九州沖縄大会(その10)

 今週の「アウト×デラックス」に福澤朗が出ていました。福澤がこんなところに呼ばれるのかと思ったのですが、坂上忍「(福澤とつき合っていて)たどり着いた先はすべてにおいてウソくさかった」。山里亮太「理論武装して自分の本心を見せない。まだ狂気がちらちら見えてくるんですよね」。マツコ「(日テレの有名アナウンサーは徳光・福留ときて)ここから隠し始めたんだよね。要は極悪人がやってるわけよ歴代。羽鳥くんからは毒気みたいなものが本当になくなったのよ」

 それでは北九州です。沖縄の決勝の13問目、日本史の問題で、昭和薬科の2番目に王手になったチームが決定します。また雨が降ってきて、インタビューが聞こえません。

 次は長崎です。長崎工の2チーム、長崎西の女子、長崎日大の混成、長崎明誠の女子、青雲です。長崎西は天使と悪魔の格好です。長崎明誠は三択のサイコロを持っているのですが、なぜ今年の三択の色を知っていたのでしょうか。本番の収録が始まる前にインタビューを済ませています。
 1問目の正解は福山雅治。大半の県は、1問目がそこにちなんだものになっています。青雲が正解します。2問目、女子向けのファッションモデル問題で長崎西が正解。3問目は漢字で青雲が王手です。4問目は生活の問題で長崎工が正解。5問目、日本地理で青雲が正解して一気に決定しました。この後、そういうのはできない。

|

« 35回北九州沖縄大会(その9) | トップページ | 35回北九州沖縄大会(その11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62137474

この記事へのトラックバック一覧です: 35回北九州沖縄大会(その10):

« 35回北九州沖縄大会(その9) | トップページ | 35回北九州沖縄大会(その11) »