« 35回南九州大会(その7) | トップページ | 35回南九州大会(その9) »

2015年8月 9日 (日)

35回南九州大会(その8)

 テレビを見ていたら、東京の葛西臨海公園の西なぎさで数十年ぶりの海水浴の許可を実現させるために尽力した人のことをやっていました。この場所は12回高クイの全国大会で使われましたが、当時、水着の人たちは海につかっていなかったんだっけ。記憶にありません。この場所でのクイズは、放送で大幅カットされていて、1問目だけで決着がついたかのようになっていました。全国大会のクイズもカットするようになったのはここが最初だと思います。

 それでは南九州大会です。三択の10問目、フランスの映画監督の名前ですが、これは問題制作者がおもしろい名前を見つけて選択肢で遊ぶパターンです。鹿児島の女子が1チーム不正解。番号札交換です。11問目、クイズで超定番のベタ問が出ます。これで鹿児島の女子、鹿児島の男子、熊本の男子が一気に決着がつきました。

 宮崎の決勝です。宮崎第一の混成、女子、男子と宮崎大宮、聖心ウルスラ学園の女子、宮崎西です。インタビューはなく学校名を読み上げるだけです。
 1問目、共通する単語を答える問題で宮崎第一の男子が正解。2問目、ポジティブな言葉が並んでいる日めくりで、宮崎西が絶対の自信で松岡修造と答えて不正解。NONSTYLEの井上がそんな日めくりを出しているのを知りませんでしたが、これは完全に引っかけ問題です。宮崎の問題レベルでこういうのが出てくるとは。この後、問題が一転。

|

« 35回南九州大会(その7) | トップページ | 35回南九州大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62045885

この記事へのトラックバック一覧です: 35回南九州大会(その8):

« 35回南九州大会(その7) | トップページ | 35回南九州大会(その9) »