« 35回南九州大会(その3) | トップページ | 35回南九州大会(その5) »

2015年8月 5日 (水)

35回南九州大会(その4)

 昨日ラジオを聞いていたら、和田アキ子は世界ふしぎ発見!を必ず見ているという話をしていました。この番組が始まった当初のルールは、点数を賭ける方式で、得点は次の出演時に持ち越されました。0点になると10点借りることができ、それもなくなると、海外でウルトラクイズのような罰ゲームのロケをしないといけません。ところが和田アキ子は大して確信のない問題でも全部賭けるようなことを繰り返して、2回もマイナス10点になりました。しかし和田が怖いのか、和田だけが一向に罰ゲームをやりません。その代わり、これ以後、和田は番組に出なくなりました。そんな番組を今でも見続けているというのか。

 それでは南九州大会です。一部の参加者を集めて番宣スポットを撮っています。敗者復活戦をやるかどうか決まっていないことになっているのに、敗者にスマートフォンを持っているか聞いています。十数チームが持っていません。
 大玉転がしです。2周で30秒です。山﨑アナがパイロンをパトロンと言い間違えたようでした。28秒で成功します。するとハジメが「湘南乃風はかからないんですか」。さらに「僕がしゃべってるとき台本読んでましたね」。そしてフォーリンラブが舞台を降りるときに山﨑アナが「バービーのお二人」と言ってしまいます。

 スマホクイズのタイトル動画が新しくなりました。スマートフォンを持っていないチームは他のチームから借りてもいいと言っています。それで番組からの貸し出しを減らそうとしているのか。ここでスマホクイズのさらに新たな事実が明らかになります。解答は一度選んでも、タッチし直せばいくらでも修正できるそうです。これは高校生クイズでは史上初です。最後に終了ボタンを押したときに全部の解答が送信されるということです。この後、確かに特別。

|

« 35回南九州大会(その3) | トップページ | 35回南九州大会(その5) »

コメント

 未確認情報ですが、世界ふしぎ発見で和田アキ子は、一度獲得した海外旅行を返上することで罰ゲームを免除されたそうです。

投稿: にっしー | 2015年8月 5日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/62020794

この記事へのトラックバック一覧です: 35回南九州大会(その4):

« 35回南九州大会(その3) | トップページ | 35回南九州大会(その5) »